川越市民が作る、小江戸川越の情報発信サイト

川越 水先案内板

関東は川越江戸桜。川越・桜の名所めぐり

投稿日:2016年4月1日 更新日:

川越桜めぐり名所マップ

マップ上のピンを選択すると桜の写真が表示されます。

往路

川越駅→喜多院→仙波東照宮→中院→光西寺→精進場橋→弁天橋→川越城本丸御殿→三芳野神社→初雁球場→氷川神社と新河岸川の誉れ桜→田谷堰→道灌橋

復路

道灌橋→蓮馨寺→川越女子高校→川越八幡宮→川越駅

P4012926
今回は長距離なので、川越市で実施している「川越市自転車シェアリング」を利用しました。
(実施:川越市、運営:株式会社ペダル)

喜多院

喜多院について

徳川家ゆかりの地 喜多院と、伝説の七不思議めぐり(前編)

「川越大師」として市民に親しまれている喜多院。喜多院と喜多院にまつわる七不思議の謎に迫ります。

続きを見る


「春日局の化粧の間」などがある建物の前。
ここの枝垂桜も立派ですが、開花時期がかなり早いのでタイミングを逃さないように注意してください。

御手植桜
家光公の御手植桜


別角度から。


多宝塔


枝垂桜と多宝塔。


境内に集まる花見客たち。
恐らくほとんどが地元民。
昼の12時頃から人が増え始め、16時には満席状態になります。


住宅地側の桜も見事。


19時半頃の様子。
夜でも花見客は尽きません。

アクセス

仙波東照宮


何かと忘れられがちなスポットですが、ここの桜の木はかなり立派です。

仙波東照宮について

日光・久能山・仙波。日本三大東照宮の1つ、仙波東照宮とは

喜多院の境内にあるものの、ほとんど人気の無い仙波東照宮。でも、歴史的には結構貴重なスポットなんです。

続きを見る


別角度から。
参道からはあまり桜が見えないのが、もったいないところです。

アクセス

中院


川越で桜めぐりをするなら、中院は絶対に外せません!
ただし、開花の早い枝垂桜がメインなので、タイミングに注意してください。

中院

中院について

島崎藤村 茶道の師、“不染”。中院に籠められた想い

喜多院のすぐ近く、静かに佇む「天台宗別格本山 中院」。実は文豪・島崎藤村ゆかりの地であり、狭山茶発祥の地でもあるんです。

続きを見る


庭園の様子。


薬師堂の前。


第2駐車場前の桜も見事でした。


夜にはライトアップも行われます。

アクセス

光西寺

川越藩主、松平周防守(すおうのかみ)の菩提寺。


境内のどこかにいる蛙さんです。探してみてくださいね!

アクセス

精進場橋


知る人ぞ知る、桜と菜の花のコラボスポットです。

精進場橋
達筆過ぎです。


ほぼ地元民しかいません。


こんな光景が川沿いにずっと続いています。
自転車で走っていて、とても気持ち良かったです。

アクセス

弁天橋

アクセス

川越城本丸御殿

川越城本丸御殿について

関東七名城のひとつ、川越城本丸御殿。東日本唯一の本丸御殿遺構探索

日本100名城のひとつ、川越城本丸御殿。実は全国的に見ても、本丸御殿が現存しているお城は極めて稀なんです。

続きを見る


中庭から見える桜の木。

アクセス

三芳野神社

境内でお花見している人がたくさんいました。

アクセス

初雁球場


球場の裏側に流れている小川です。

初雁球場

アクセス

氷川神社と新河岸川の誉れ桜


氷川神社の裏、氷川橋の桜です。

氷川神社について

縁結びの川越氷川神社。良縁を呼び寄せる鯛みくじと風鈴の音

川越観光のメインストリートからは少し離れた所に位置する川越氷川神社。ちょっと行きにくい場所にあるものの、1年を通して常に人で賑わっている川越一の人気神社です。

続きを見る


橋の上から撮影。
人気の撮影スポットです。

水面に桜の花びらが降り積もると、幻想的な光景に。


天気の良い日は舟に乗れる場合も。


桜並木がずーっと続きます。

アクセス

田谷堰(たやぜき)

新河岸川(旧赤間川)の水量調整のために造られた堰。

ここまで来ると観光客はほとんどいません。

アクセス

道灌橋(どうかんばし)

道灌橋
この橋の付近に太田道灌のお屋敷があったそうです。

太田道灌とは?

文武両道の名将、太田道灌。川越城を築城した男が遺した足跡

「太田道灌って名前は聞いたことがあるけど、正直何をした人なのか分からない」「そもそも『道灌』ってどう読むの?」という人は、結構多いと思います。 そこで今回は、川越の歴史に深く関わっているにも関わらず、 ...

続きを見る

アクセス

蓮馨寺(れんけいじ)

蓮馨寺について

諸願成就の蓮馨寺(れんけいじ)。賑やかな境内で一休み

ちょっと歩き疲れたら、連雀町の蓮馨寺で一休みしましょう。

続きを見る

境内の様子。

アクセス

川越女子高校

正式名称は「埼玉県立川越女子高等学校」。
通称「川女(かわじょ)」。
明治39年(1906年)開校以来、県下屈指の進学校として知られています。
フリーアナウンサーの小宮悦子さんや陸上長距離選手の吉田香織さんの出身校です。

ちなみに校門前の桜並木は川女の敷地ではありませんが、清掃は川女生が行っています。

アクセス

川越八幡宮

川越八幡宮

川越八幡宮について

川越観光 おすすめ名所巡り ~身近な穴場!クレアモールの裏通り~

県下一の距離を誇る商店街、クレアモール。つい賑やかな表通りの方に目がいきがちですが、1本路地に入った通りにも色々な発見があるんです。

続きを見る

アクセス

富築(水先)

埼玉県と美味しいもの・可愛いものが大好きなwebライター。川越在住。
蔵の町周辺をよくぶらついています。
そうだ埼玉.com公式ライター:記事一覧
掲載記事についてのコメント・仕事依頼・広告掲載依頼等、各種お問い合わせはこちらからお願いします。

Clip!

記事をクリップすると、「クリップした記事」ページから簡単にアクセスできるようになります。

アクティビティ予約

-1. 川越の観光名所について知りたい, 川越散策記
-, , , , , , , , , , , , , ,

こんな記事も読まれています

小江戸 川越の雪景色。そして翌日の風景と市民による雪作品たち

2018年1月22日、本州を通過する低気圧の影響で、東京都心部でも20センチを超える大雪となりました。個人的な計測ですが、川越市も積雪25センチ超え。ここまで積もったのは2年振りです。 そんな雪の日の ...

桜シーズン限定のカフェ 中院SaKuRaCafeで茶道に触れる

中院の境内、島崎藤村ゆかりの茶室「不染亭」で茶道に触れてきました。

豪華賞品が当たるかも!?喜多院&成田山川越別院の節分会

毎年2月3日には、喜多院と成田山川越別院で節分会(せつぶんえ)が開催されます。

【喜多院 だるま市】色鮮やかなだるまで境内がカラフルに!

毎年1月3日は喜多院の初大師です。 境内ではだるま市が開かれ、参道まで色取り取りのだるま達で埋め尽くされます。

縁結びの川越氷川神社。良縁を呼び寄せる鯛みくじと風鈴の音

川越観光のメインストリートからは少し離れた所に位置する川越氷川神社。ちょっと行きにくい場所にあるものの、1年を通して常に人で賑わっている川越一の人気神社です。

おすすめ記事

1

川越観光の途中でぶらっと気軽に立ち寄れる、車不要で行けるカフェをご紹介します。 川越でうなぎや薩摩芋料理を食べるのも良いですが、おしゃれなカフェ空間でランチやおやつを楽しむのもおすすめですよ! また、 ...

2

ラーメン大好きな川越市民が選ぶ、駅周辺で食べられるおすすめのラーメン屋をご紹介します。 地元民だからこそ知っている情報も満載!

3

川越は徒歩で観光する人が多いためか、食べ歩き出来るお店がたくさんあります。 今回はその中でも、地元民の筆者お気に入りの食べ歩きフードをご紹介します!

4

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

Copyright© 川越 水先案内板 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.