川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

日本古来の楽器「ささら」の音に合わせ、3頭の獅子たちが力強く舞い踊る「石原のささら獅子舞」。そのレクチャー講演会に参加してきました。


運営者一押しの居酒屋リストはこちら >>

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは

毎年4月の第3土・日曜日に、川越市石原町の観音寺などで行われる「石原(いしわら/いしはら)のささら獅子舞」。

埼玉県の無形民俗文化財に指定されており、『川越歴史新書 3.川越歴史随筆』(岡村一郎 川越地方史研究会)では、次のように高く評価されています。

川越の年中行事のなかで伝統が古いばかりでなく、民俗芸能として非常に優秀なものに石原のささら獅子舞がある。これはたしかに鼻を高くして誇るだけの値うちがあろう。

引用:『川越歴史新書 3.川越歴史随筆』6. 石原のささら獅子舞 冒頭

ささら獅子舞の祭事には、本祭りと陰祭りの2種類があります。
それぞれ隔年で交互に行われており、陰祭りの年は日曜日のみの開催に。

2019年は陰祭りの年です。

日本の伝統楽器「ささら」

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

「石原のささら獅子舞」の「ささら(簓)」は、日本に古来から伝わる楽器の名称です。
36に割られた漆塗りの竹を、12の刻みが付いた「ささら子」という棒でこすって音を出します。

先端に描かれている絵は牡丹の花。

さららの音色はスペインの打楽器ギロに近いです。

石原のささら獅子舞は全12シーン構成

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

舞の曲目は12か月・12支の考えに基づき、全12シーンで構成(十二切)されています。
それぞれのシーンにはテーマがあり、全編を通して一続きのストーリーになっているのが特徴です。

見どころは第9場の「雌獅子隠し」~第10場の「女獅子争い」。
姿を隠してしまった雌獅子をめぐり、それまで戯れるように優雅な舞を見せていた2頭の雄獅子が激しい争いを始めます。

そして、何度かの乱取りを繰り返した後に、山の神が登場。
雄獅子たちは山の神に争いの無意味さを諭され、仲直りをします。
すると、それまで影を潜めていた雌獅子が登場し、3匹仲良く大団円へ。

ストーリー展開に合わせてコロコロと変わる舞の様相は、一見の価値ありです!

石原のささら獅子舞の歴史

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

1603年(慶長12年)3月に行われた観音祭で、災難除けと平和祈願の想いを込めてささら獅子舞を演じたのが、石原のささら獅子舞の起源です。

それ以来、石原のささら獅子舞は連綿と演舞され、江戸時代には川越城内でも祈祷・祭礼を行っていたといわれています。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

ところが、1634年(寛永11年)。
時の城主・酒井忠勝が若狭小浜城へ国替(くにがえ/領地を移し替えること。つまり、お引越し)した年を境に、石原町でささら獅子舞を見られなくなってしまいました。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

角のある獅子が雄(先獅子・後獅子)

獅子舞をこよなく愛していた忠勝。
その愛ゆえに、彼は若狭小浜城へ移動する際、ささら獅子舞の雌雄2頭の獅子頭と舞人を連れて行ってしまったのです。

それ以降75年にわたり、石原のささら獅子舞の歴史はストップしてしまいました。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

しかし、1709年(宝永6年)、高沢の井上家から獅子頭が奉納されたことをきっかけに再興。
このときの獅子舞の行列は、総勢50余名にも上ったそうです。

参考文献:「川越市子ども民俗芸能大会解説書」川越市教育委員会

石原のささら獅子舞から雲浜獅子(福井県小浜市)への派生

川越城主・酒井忠勝の国替先だった福井県小浜市にも、雲浜獅子(うんぴんじし)という獅子舞文化があります。

これは忠勝が国替をした際、小浜(当時は若狭)の人々に広めたものです。

忠勝が川越から引き連れてきた演者たちは「関東組」と呼ばれ、準士族の身分を与えられました。
彼らは主に城中で行われる祝事でのみ演舞が許され、祇園祭礼では廣峰(ひろみね)神社への奉納もしていたそうです。

現在、雲浜獅子は、忠勝を祀る小浜神社の例大祭「お城まつり」(5月2日、3日)で演じらています。

参考:「目からウロコの民俗学」橋本裕之編著、若狭おばま観光協会公式サイト

大盛り上がり!石原のささら獅子舞 レクチャー公演

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

2019年2月11日、川越市の公共施設「ウェスタ川越」で、石原のささら獅子舞のレクチャー公演が行われました。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

開場前の様子。
公演30分前には既に長い行列ができていました。

同公演の前売り券は前年の12月頃に販売していたのですが、とても人気だったようで、あっという間に売り切れてしまったそうです。

私も当日の公演1時間前に会場へ行き、当日券を購入しました。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

会場はすぐ満員に。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統
立ち見のお客さんも大勢いました。

公演は石原のささら獅子舞からスタート

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

ささら獅子舞の説明動画が再生された後、ほら貝の音と共にささら獅子舞保存会の方たちが入場。
会場内が一瞬にして色めき立ちます。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

さっそく、石原のささら獅子舞の演舞がスタート。
観客たちは動画や写真を撮ったり、メモ帳を取りだしたりと大忙しでした。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

ど迫力の舞に、会場のボルテージが一気に高まります!

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

天狗役の少年も登場。
可愛いながらもキレのある動きに、お客さんたちは大喜びです。

会場内には石原のささら獅子舞にまつわるアイテムも展示

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

会場の後方には、小袖などが展示されていました。
いずれもかなり貴重なもので、上の写真の小袖(恐らく真岡木綿)・伊賀袴(双子縞)は明治20年代に制作されたものだそうです。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

こちらは「ささらっ子」の女の子が着る小袖。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統
立体的な刺繍が特長で、大層高価な逸品なのだそう。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

もう2度と作れないという力強い刺繍が施された古代肩絹。山の神の衣装です。
刺繍のテーマは”牡丹に狂う唐獅子”。

一般客も石原のささら獅子舞を体験!

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

いよいよ今回のメインイベントのスタートです。

獅子頭

司会者の「獅子頭を被ってみたい人、手を挙げてください」という呼びかけに、数人の女性が挙手。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

獅子頭を渡された女性は、その重さにとてもびっくりしていました。

手にずっしりとのしかかる重量感。
それを自分の頭の上にのせられ、女性は少しだけよろめいていました。(男性がしっかりと支えてはいたのですが…)

首だけでは決して振れない獅子頭

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

 

司会者に感想を求められ、「(演舞中は)これを振るわけでしょ?首の負担が大変!」と興奮気味に語る女性。
観客は女性の反応を見て笑いつつも、その素直な感想に興味津々でした。

また、女性が「腰を使ってやらないと(頭を振るなんて絶対にできない)」と話すと、客席からは「ほぉー…」という感嘆が。

保存会の方の解説によると、やはり獅子頭は首だけで振ることはできず、全身を使う必要があるそうです。

また、雄の獅子に付いている立派な角は、自分の強さを誇示するものだそうで、他の地方にはより長い角を持つ獅子もいるだとか。

ちなみに、この獅子頭は310年前に寄贈されて以来、作り変えることなく当時のままの姿を保っているそうです。

太鼓

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

続いて太鼓の体験タイムに移ります。

獅子頭の時は女性ばかりが挙手していましたが、今回は男性が挑戦。
叩き方の簡単なレクチャーはありましたが、とても上手に叩けていました。

ところが、ここで男性のある発言を発端にちょっとした物議が…。

「太鼓を叩き続けるのは大変だ。私には、端っこで木を持っている役(傘持ち)くらいしかできそうにない

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

これにはささら獅子舞保存会の皆さんも黙っていません。
「よーし、じゃぁ、実際に持ってみなさいよ!」という展開に。

男性の「えぇっ(笑)!?」という声と共に、会場がどっと笑いに包まれました。

花笠

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

言われるがまま傘を持たされる男性。開始数秒で腕がプルプルと震え始めました。

実は、この役はかなりの重労働なのです。
傘を長時間持ち続けているのは、保存会の方たちでも大変なこと。
そのため、ささら獅子舞の演舞中は、複数人で代わるがわる交代しながら傘を持っているそうです。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

この後、女性たちも傘持ちに挑戦していましたが、やはりかなり辛かった様子。
すぐにギブアップしてしまいました。

昔は新参者が通る道だった花笠持ち

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

ちなみにこの重たい花笠、かつては「ささらっ子」が頭に被っていたそうです。
もともと獅子舞は旦那さんの道楽であり、石原町では旦那衆が舞を踊り、”お嬢さん”がささらっ子を務めていました。

しかし、江戸後期頃になると、「大事なお嬢さんの頭にあんな重たいものをのせるなんて!」という考えが浸透。
花笠が「頭に被るもの」から「手に持つもの」へと変わっていき、新参者の役割のひとつになったのだとか。

今でこそ、石原のささら獅子舞は25分構成になっていますが、昔は1時間ほど舞い続けていたといいます。
つまり、新参者は1時間にわたって重たい花笠を持ち続けていたということ。

想像するだけで腕がつりそうです…。

花笠の装飾の意味

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

吉野桜のピンクが印象的な、石原のささら獅子舞の花笠。
実は花笠には2種類あり、それぞれ頂上に太陽(日輪)と月(月輪)のオブジェがのっています。

厳密にその意味を語るととても長くなってしまうのですが、要はこの2種類の花笠を掲げることで、「日輪と月輪の光のもと、桜が咲き誇る大草原で獅子たちが争っている様」を表現しているそうです。

ささら

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

誰にでもできそうに見えて、意外と難しいささら。
きちんと演奏するためには、持ち方などにコツがあるようです。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

「実際にささらを手に持ってみましょう」ということで、いくつかのささらが客席に配られました。
見よう見真似でささらを鳴らしてみる観客たち。

「こうかな?」
「あれ、何か違うっぽくない?」
と、想定外の難易度に困惑する人も。

演舞前の着替えを紹介

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

普段はまず見られない、ささら獅子舞の演舞前準備の光景です。

男性が足に巻いているのは「ピンコロ」というもので、魔除けの役割があるのだとか。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

山の神の衣装を着た8歳くらいの男の子。
背中には唐獅子牡丹の刺繍が輝いています。

この衣装はとても重く、50年ほど前までは11歳~12歳の子が着ていたそうです。

ところが、司会者の「衣装、重いですか?」という質問に対し、男の子はケロッとした表情で「軽いです」と回答。
会場が笑いに包まれました。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

獅子頭の装着は、本人を含む3人がかりで行います。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

獅子舞を被る前に太鼓を装備。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

演舞中にズレることがないよう、獅子頭はがっちりと固定されます。
口が開けなくなるくらい紐をきつく締めるため、翌日には顎が痛くなってしまうのだとか。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

獅子の完成。大変そうな作業でしたが、さすがにとても手際が良く、10分ほどで終わりました。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

「獅子の水引の中に入ってみよう」のコーナー。

水引を被った獅子は、前方がまったく見えない状態になります。
お客さんたちも実際に水引の中に入ってみて、その視界の悪さに驚いていました。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

着替えの後はお神酒で体を清めます。
これで準備万端、いよいよ石原のささら獅子舞のシメの演舞のスタートです。

演舞後の写真撮影

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

レクチャー公演終了後は写真撮影タイムに突入。

川越の民俗芸能「石原のささら獅子舞」とは?次代に伝えたい春の伝統

動きが激しく、演舞中の撮影が難しい獅子の写真を撮ろうと、観客たちが集まります。
また、大勢の前では言いにくかったことを質問しに行く人も。

閉会後も会場はとても活気にあふれていました。

石原のささら獅子舞はどこで見られる?

石原のささら獅子舞は、4月の第3土・日に観音寺で行われます。
2019年度は4月14日(日)の開催です。

祭事の主な流れは以下の通り。

  • 観音寺で一庭奉納する
  • 町内をまわりながら舞を披露
  • 井上家の庭で一庭舞う
    → 井上家:獅子頭を奉納し、ささら獅子舞の再興に寄与した家
  • 観音寺へ戻って半庭舞う
    → 「舞の半分は来年に残す」という意味が込められている
  • 長老が「千秋楽」をあげて終了

※一庭=12シーンからなる舞1回分のこと

観音寺へのアクセスはこちら。

  • 一番街 蔵造りの町から徒歩7分
  • 西武新宿線「本川越駅」から東武バス「若葉駅行」乗車 「高沢橋」下車 徒歩2分(トータル9分)
  • JR・東武東上線「川越駅」から東武バス「若葉駅行」乗車 「高沢橋」下車 徒歩2分(トータル14分)
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
富築(水先)

富築(水先)

埼玉県と美味しいもの・可愛いものが大好きなwebライター。川越在住。
蔵の町周辺をよくぶらついています。
そうだ埼玉.com公式ライター:記事一覧
掲載記事についてのコメント・仕事依頼・広告掲載依頼等、各種お問い合わせはこちらからお願いします。

-2. イベント・伝統行事に参加したい, 川越散策記

Copyright© 川越 水先案内板 , 2019 All Rights Reserved.