文武両道の名将、太田道灌。川越城を築城した男が遺した足跡

更新日:

「太田道灌って名前は聞いたことがあるけど、正直何をした人なのか全然知らない」「そもそも『道灌』ってどう読むの?」という人は、かなり多いのではないでしょうか。

そこで今回は、小江戸・川越の繁栄に深く寄与しているにもかかわらず、知名度的なインパクトがちょっと足りない名将・太田道灌についてお話しします。

※本記事はあくまで入門編です。太田道灌にまつわる逸話などをライトに紹介しております。


運営者一押しのランチ店リストはこちら >>

江戸城の築城に携わった名将・太田道灌とは

Outa Doukan.jpg
出典:Wikipedia(パブリック・ドメイン)

30秒でわかる太田道灌

  • 室町時代の武将で30戦負けなし
  • 学者としても超一流。文武両道のハイスペック名将
  • 和歌の達人としても有名
  • 江戸城・川越城・岩槻城をつくった
  • 平民からは「道灌さん」と慕われていた
  • 一方、上司からは「こいつを生かしておくと、俺の立場がヤバい」と思われしまい、非業の最期を遂げた

太田道灌(どうかん)は、享徳の乱や長尾景春の乱で活躍した室町時代後期の武将です。武蔵守護代である扇谷上杉家の家宰(かさい/家長に代わって、家の中の様々なことを取りしきる役職)にあたります。

武将としても学者としても一流である」と評価されていた道灌ですが、55歳のときに扇谷定正の糟屋館(神奈川県伊勢原市)で暗殺されてしまいました。

この事件の真相については諸説ありますが、道灌のポテンシャルの高さと下剋上を恐れた当時の主君が、自ら暗殺計画を企てたのでは…、ともいわれています。

武将としての太田道灌

太田道灌は兵学に大変詳しく、「足軽軍法」という戦い方を考案しました。「足軽軍法」は、足軽をメインの戦力として扱う戦法です。

歴史モノのゲームにも登場する作戦名なので、太田道灌については知らなくても、この「足軽軍法」という名前だけは聞いたことがある、という方も少なくないと思います。

建築家としての太田道灌

文武両道の名将、太田道灌。川越城を築城した男が遺した足跡

父・道真(どうしん)から家督を譲られた後、道灌は入間郡に河越城(川越城)を、埼玉群に岩槻城を築城しました。
※ただし、岩槻城は、忍城主・成田正等が築城したという説もあります。

また、武蔵国には江戸城を築城。その周辺には、日枝神社や築土神社といった有名な神社を数多く造営しました。

そのため、現在でも江戸城内には「道灌濠」の名が残っています。

↓ 川越城の内部についてはこちら

太田道灌を大河ドラマの主人公に!?

「悲運の名将・太田道灌を大河ドラマの主人公に!」という推進運動が、2015年頃から全国各地で行われています。

発端となったのは、神奈川県伊勢原市での市民運動。太田道灌にゆかりのある埼玉県川越市とも連動し、2018年9月までに約15万件の署名を集めました。

しかし、残念ながら2020年の大河ドラマは、京都府が舞台の「明智光秀」に決定。
とはいえ、福知山市では8年も前から、大河ドラマ実現のために活動を続けていたそうです。

太田道灌を大河ドラマに!署名30万件を目指して

現在、伊勢原市と川越市は2021年の大河ドラマでの採用を目標に、署名活動等を継続しています。

18年12月には、埼玉県越生町の町長が活動組織の会長に就任。伊勢原市長と東京都荒川区長も副会長に就任しました。

19年3月の時点で、署名の数はついに20万件越え。脚本家のジェームス三木さんや、俳優の北村有起哉さんといった著名人も署名しています。

興味のある方は、↓のフォーム(太田道灌公式サイト)へ。簡単に署名することができます。

署名フォームはコチラ

色々と不安な方はこちらから >> 川越市オフィシャルサイト

大河ドラマ「義経」放送時は、川越市内でイベントが催されました

+ イベントについて知りたい方はクリックorタップ

文武両道の名将、太田道灌。川越城を築城した男が遺した足跡

東武東上線「霞ヶ関駅」から徒歩15分ほどの場所にある常楽寺。

その境内には、河越太郎重頼・京姫(郷御前)・源義経の三供養塔があります。(京姫:源義経の正妻/河越太郎重頼:京姫のお父さん)

武蔵国の有力武士だった河越氏は、かつてこの地域に住んでいました。三供養塔は、悲運の生涯を終えたとされる義経と京姫、そして重頼の3人を偲びつくられたものです。

とはいえ、この塔は2006年にできたもので、大昔から存在していたわけではありません。大河ドラマ「義経」が放送されたことや、2006年が重頼没後820年であったことから、供養塔建立の話が持ち上がりました。

除幕式当日には、『義経正室「京姫」里帰り810年祭』を開催。3人に扮した仮装行列が練り歩きました。

河越館跡史跡公園で探る川越の歴史|源義経の正妻、郷御前の故郷へ

続きを見る

太田道灌=山吹といわれる所以は?

山吹

優れた歌人としても知られている、名将・太田道灌。彼は「山吹の花」をきっかけに、歌に関心を持つようになったといわれています。

ゲームで太田道灌を知ったという方の中には、「太田道灌=山吹」というイメージを持っている方も多いはず。この山吹は、彼の逸話である「山吹伝説」に基づいているものなのです。

太田道灌と山吹伝説

鷹狩りの最中、雨に見舞われてしまった道灌。近くの農家で蓑(みの)を借りようと思い、農家の娘に声をかけます。

ところが、娘が道灌に差し出したものは、蓑ではなく山吹の花でした。その仕打ちに道灌は怒り、蓑を借りずにそのまま帰ってしまいます。

後日、道灌は知人にこのエピソードを話しました。すると、知人はこう答えたのです。

「もしかすると、その娘は

七重八重 花は咲けども山吹の みの(蓑)ひとつだに なきぞあやしき
表の意:山吹の花は七重八重に咲くというのに、実をひとつもつけないのは不思議なことだ。
裏の意:山吹ではありませんが、お貸しできる蓑ひとつないのは心苦しいことです)

という歌になぞらえたのではないですか?」

つまり、農家の娘は「申し訳ないのですが、お貸しできる雨具がございません」という断りの意味で、道灌に山吹の花を差し出したのではないか、と言うのです。

これを聞いた道灌は、自分が歌の道に暗かったことを反省しました。その後、彼は歌について懸命に学び、日本を代表する歌人となったのです。

このエピソードを元にした落語もあります。

立川談志 『道灌』

「七重八重…」の歌は太田道灌の作ではない

「七重八重 花は咲けども山吹の みのひとつだに なきぞあやしき」
という歌は、太田道灌が詠んだものと思われがちですが、もちろんそれは誤りです。

元ネタは「後拾遺和歌集」の1154の項。作者は醍醐天皇の第十六皇子、兼明親王(かねあきらしんのう)です。

「あやしき」なのか「かなしき」なのか

「七重八重 花は咲けども山吹の みのひとつだに なきぞあやしき」

実は、この歌の最期のフレーズ「なきぞあやしき」には、「正しくは『なきぞかなしき(悲しき)』では?」という説もあるのです。

確かに江戸時代の流布本には、「かなしき」版の歌が載っています。しかし、「後拾遺和歌集」では「あやしき」となっているのです。

そのため、本やサイトによって最後のフレーズに差があるかと思いますが、いずれも同じ歌となります。

川越市内にある太田道灌スポットをめぐろう

川越の市街地には、太田道灌ゆかりのスポットがたくさんあります。メインの観光エリアからもあまり離れていないので、興味のある方はぜひ足を運んでみてくださいね!

川越市役所前の太田道灌像

川越市役所前には太田道灌の像が建っています。

しかし、この像について触れているガイドブックはほとんどありません。また、川越市民ですら、その存在を認識しているのかどうなのか…。

私がこの写真を撮っている時、周囲の人たちから「何でこの人、像を撮ってるんだろう?変なの!」という目で見られてしまいました。

道灌像の道灌は、鷹狩りスタイルの出で立ちです。注目ポイントは右手。

しっかりと山吹の枝が握られていますね!

川越市役所へのアクセス

ここから東へ歩くと川越城本丸御殿へ行けます。

まだまだある!全国の太田道灌像

太田道灌の像は川越市以外にも存在します。

  • 東京の日暮里駅前
  • 東京国際フォーラムのガラス棟
  • 埼玉県さいたま市岩槻区役所前
  • 芳林寺敷地内
  • 越生町の龍穏寺

また、銅像以外にも、神奈川県伊勢原市には首塚や胴塚が、越生町の龍穏寺には分骨した太田道灌墓、神奈川県鎌倉市には供養塔が残っています。

太田道灌にちなんだ川越の老舗和菓子店「道灌」

市役所から川越城方面へしばらく歩いたところにある和菓子屋、「道灌」。大正10年創業の老舗店です。

川越の和菓子屋と言えば亀屋というイメージがありますが、「道灌」も負けていません。

左から「丁稚芋」、「道灌まんじゅう」、「芋クリームどら焼き」。いずれも道灌のおすすめ商品です。

丁稚芋は川越芋の甘露煮を漉して餡状にした、羊羹のようなお菓子。あっさりとした甘さで食べやすいです。

川越の桜の名所、道灌橋

道灌橋

菓子屋横丁からしばらく歩いたところに、「道灌橋」という小さな橋があります。

きれいな桜が見られることでも知られていますが、ここで注目すべきは橋の欄干です。「七重八重…」の山吹の歌が書かれています。

道灌橋の場所

かつてこの周辺に太田道灌の屋敷があったそうですが、現在は存在しません。

関連記事

大河ドラマの署名フォームはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
富築(水先)

富築(水先)

埼玉県と美味しいもの・可愛いものが大好きなwebライター。川越在住。
蔵の町周辺をよくぶらついています。
そうだ埼玉.com公式ライター:記事一覧
掲載記事についてのコメント・仕事依頼・広告掲載依頼等、各種お問い合わせはこちらからお願いします。

-1. 川越の観光名所について知りたい, 川越散策記
-,

Copyright© 川越 水先案内板 , 2019 All Rights Reserved.