関東は川越江戸桜。川越・桜の名所めぐり

投稿日:2016年4月1日 更新日:

この記事をスマホで見る
関東は川越江戸桜。川越・桜の名所めぐり

川越桜めぐり名所マップ

マップ上のピンを選択すると桜の写真が表示されます。

往路

川越駅→喜多院→仙波東照宮→中院→光西寺→精進場橋→弁天橋→川越城本丸御殿→三芳野神社→初雁球場→氷川神社と新河岸川の誉れ桜→田谷堰→道灌橋

復路

道灌橋→蓮馨寺→川越女子高校→川越八幡宮→川越駅

P4012926
今回は長距離なので、川越市で実施している「川越市自転車シェアリング」を利用しました。
(実施:川越市、運営:株式会社ペダル)

喜多院

喜多院について


「春日局の化粧の間」などがある建物の前。
ここの枝垂桜も立派ですが、開花時期がかなり早いのでタイミングを逃さないように注意してください。

御手植桜
家光公の御手植桜


別角度から。


多宝塔


枝垂桜と多宝塔。


境内に集まる花見客たち。
恐らくほとんどが地元民。
昼の12時頃から人が増え始め、16時には満席状態になります。


住宅地側の桜も見事。


19時半頃の様子。
夜でも花見客は尽きません。

アクセス

仙波東照宮


何かと忘れられがちなスポットですが、ここの桜の木はかなり立派です。

仙波東照宮について


別角度から。
参道からはあまり桜が見えないのが、もったいないところです。

アクセス

中院


川越で桜めぐりをするなら、中院は絶対に外せません!
ただし、開花の早い枝垂桜がメインなので、タイミングに注意してください。

中院

中院について


庭園の様子。


薬師堂の前。


第2駐車場前の桜も見事でした。


夜にはライトアップも行われます。

アクセス

光西寺

川越藩主、松平周防守(すおうのかみ)の菩提寺。


境内のどこかにいる蛙さんです。探してみてくださいね!

アクセス

精進場橋


知る人ぞ知る、桜と菜の花のコラボスポットです。

精進場橋
達筆過ぎです。


ほぼ地元民しかいません。


こんな光景が川沿いにずっと続いています。
自転車で走っていて、とても気持ち良かったです。

アクセス

弁天橋

アクセス

川越城本丸御殿

川越城本丸御殿について


中庭から見える桜の木。

アクセス

三芳野神社

境内でお花見している人がたくさんいました。

アクセス

初雁球場


球場の裏側に流れている小川です。

初雁球場

アクセス

氷川神社と新河岸川の誉れ桜


氷川神社の裏、氷川橋の桜です。

氷川神社について


橋の上から撮影。
人気の撮影スポットです。

水面に桜の花びらが降り積もると、幻想的な光景に。


天気の良い日は舟に乗れる場合も。


桜並木がずーっと続きます。

アクセス

田谷堰(たやぜき)

新河岸川(旧赤間川)の水量調整のために造られた堰。

ここまで来ると観光客はほとんどいません。

アクセス

道灌橋(どうかんばし)

道灌橋
この橋の付近に太田道灌のお屋敷があったそうです。

太田道灌とは?

アクセス

蓮馨寺(れんけいじ)

蓮馨寺について

境内の様子。

アクセス

川越女子高校

正式名称は「埼玉県立川越女子高等学校」。
通称「川女(かわじょ)」。
明治39年(1906年)開校以来、県下屈指の進学校として知られています。
フリーアナウンサーの小宮悦子さんや陸上長距離選手の吉田香織さんの出身校です。

ちなみに校門前の桜並木は川女の敷地ではありませんが、清掃は川女生が行っています。

アクセス

川越八幡宮

川越八幡宮

川越八幡宮について

アクセス

  • この記事を書いた人

富築(水先)

埼玉県と美味しいもの・可愛いものが大好きなwebライター。川越在住。
蔵の町周辺をよくぶらついています。
そうだ埼玉.com公式ライター:記事一覧
掲載記事についてのコメント・仕事依頼・広告掲載依頼等、各種お問い合わせはこちらからお願いします。

-6.川越の四季, 川越散策記
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 川越 水先案内板 , 2018 All Rights Reserved.