小江戸川越の観光情報発信中!

川越 水先案内板

川越まつりの裏事情がわかる郷土博物館!川越まつり会館

投稿日:2016年8月30日 更新日:

1年中 川越まつりの暑さを体感出来る川越まつり会館。「川越まつりに行きたいけど無理そう」「川越まつりについてもっとよく知りたい!」そんな人におすすめのスポットです。

川越まつりについてはこちら

川越まつり会館とは

川越まつり会館は、川越まつりで実際に曳かれる山車の展示を見たり、まつりに関する歴史などを学べる資料館です。
山車は常に2台展示されており、定期的に入れ替えられます。

まつり会館の最深部には大型スクリーンがあり、まつり当日の様子を約6分にまとめた映像が常時流されています。

日曜や祝日にはお囃子の実演もあるので、お子様連れの方にもおすすめです。

会館時間

4月~9月9:30~18:30(入館は18時まで)
10月~3月9:30~17:30(入館は17時まで)

休館日

  • 毎月第2、第4水曜日(休日の場合はその翌日に休館)
  • 12月29日~1月1日
  • その他、臨時休館日

観覧料

一般300円(団体240円)
小中学生100円

※川越市民の日(12/1)は、"市民の歴史学習のため"、入館料が無料となります。

アクセス

川越まつり会館を散策

まつり会館入り口。
川越まつり会館外観
公共施設っぽい外観のためか、通り過ぎてしまう人が多いです。

館内へ。
各町の提灯
各町の提灯が展示されています。
まつり当日、お囃子に参加する人たちの必須アイテムです。

館内は徐々に暗くなっていきます。
ぼやー…
ぼやーっと壁に映し出される絵。
ちょっとびっくりします。

資料展示
資料が展示されている廊下。
川越唐桟(とうざん)の染め抜きで紹介されています。
展示資料1
展示資料2
展示資料3

川越唐桟(とうざん)とは

ktj010c

川越唐桟

唐桟とは、江戸時代以降にヨーロッパから日本にもたらされた、紺地に朱や青、茶色などの縦縞の入った木綿織物のことです。
愛知県一宮市の尾州縞、岐阜県羽島市の美濃縞、埼玉県川越市の川唐などが有名な産地として知られています。

唐桟は袴や晴着、羽織の素材としてよく使われ、大奥でも重宝されていたそうです。

もともと川越には夏袴の袴地として人気があった「川越平」を織る技術力がありました。
そのため、唐桟の出来も素晴らしく、値段もお手頃だったことから、江戸の町で大変評判が良かったと言われています。

そんな川越唐桟ですが、明治26年の川越の大火以降は衰退の一途を辿り、大正時代頃にその文化が途絶えてしまいました。
しかし、昭和50年代、入間市の西村織物が川越唐桟の生産を開始。
長い間途絶えていた川越唐桟が復活したのです。

現在、川越唐桟は川越市内の呉服屋さんで購入することが出来ます。

こんな小物もあります。
どんな服にも合うので便利です。

販売元:鼠屋ちゅう吉

「まつりへの思い」コーナー。
まつりへの思い 廊下
まつりへの思い
川越まつりに携わる人々の様々な思いやこだわりを知ることが出来ます。

「会所」。
会所
神様と人、人と人が出会うまつりの指揮所です。
まつりにまつわるリアルな会話が再現されています。
右端には太田道灌の名前も。

一番広い「山車展示ホール」へ。
山車展示ホール
実際にまつりで曳かれる本物の山車2台を。定期的に入れ替えながら展示しています。
まつり当日にはじっくりと見られない山車も、ここでは間近で鑑賞出来ます。
川越市(猩々)
川越市(猩々)
岸町二丁目(木花咲耶姫)
岸町二丁目(木花咲耶姫)

大型スクリーン
ホールの中央には大型スクリーンがあり、まつり当日の映像がエンドレスで流されています。

ホールの2階から。
結構高いです
穴を覗くと、山車に乗っている人たちの視点を体感出来ます。
結構怖いです。

さて、ここまでの写真はかなり明度を上げたものを載せてきましたが、実際のホールはこのくらいの暗さです。
実際は結構暗い
かなり暗いので足下に注意。

山車の車輪
ホールを出ると山車の車輪が展示されていました。
触ってみたくなりますが、お触り厳禁です。

お囃子の聞き比べコーナ-。
お囃子の聞き比べコーナ-
ボタンを押すと、ヘッドホンから各流派のお囃子が流れてくるそうです。
子供たちに大人気で、私の番はまわってきませんでした・・・。

羅陵王の山車
羅陵王(ラリョウオウ)の山車の模型。(1/7サイズ)
川越まつりに参加する山車のうち最古のもので、1861年~1863年頃にかけて、仲秀英が制作したものだそうです。
山車の頂上には羅陵王(=蘭陵王。中国南北朝時代の皇族出身の武将)の人形が乗っており、人形が着けている面は、面師 有吉長門正が打ったものです。

 

その他、会館内には「川越まつり写真コンクール」の入選作品の展示、視聴覚室での映像視聴などがあります。
「今度、川越まつりに行くから予習したい!」「川越まつりが面白かったから、もっとよく知りたい」という方は、ぜひ一度足を運んでみてください!

川越まつりについてはこちら

  • この記事を書いた人

富築(水先)

埼玉県と美味しいもの・可愛いものが大好きなwebライター。川越在住。
蔵の町周辺をよくぶらついています。
そうだ埼玉.com公式ライター:記事一覧
掲載記事についてのコメント・仕事依頼・広告掲載依頼等、各種お問い合わせはこちらからお願いします。

-1. 川越の観光名所について知りたい, 川越散策記
-

Copyright© 川越 水先案内板 , 2018 All Rights Reserved.