川越で買いたい河越抹茶スイーツ&ドリンクまとめ|観光のお土産にも!

小江戸川越といえばサツマイモや鰻が有名ですよね。でも実は南北朝時代の頃から、川越のあたりではお茶の栽培も盛んに行われてきました。

川越の観光エリアでは、川越産の「河越抹茶」を使ったスイーツやグルメが人気を集めています。今回はその中から、特におすすめのお店をまとめました。


運営者一押しのランチ店リストはこちら >>

カフェやお土産スイーツで大人気!河越抹茶とは

河越抹茶は旧河越藩領(川越市・狭山市・所沢市など)でつくられているお茶です。

まろやかな甘みとコクのある深い味わいが特徴で、川越市内の飲食店では料理やドリンクのフレーバーとしてよく使われています。

南北朝時代に誕生したという河越抹茶。武蔵武士の衰退とともに一度はその文化も失われてしまいましたが、江戸時代後期に「狭山茶」として蘇りました。さらに、2013年にはNPO法人川越PLUS(現:NPO法人河越抹茶の会)の活動により、「河越茶(河越抹茶)」として完全復活。

今日では“古くて新しい名産品”として、多くの人から支持されています。

▼ 河越抹茶の歴史について、より詳しい解説はこちら

狭山茶の原点!川越の特産品・河越抹茶の特徴とその歴史とは

続きを見る

※川越市内で売られているすべての抹茶スイーツに、河越抹茶が使われているわけではありません(他の食材との相性もありますからね)。河越抹茶が使われているものを買いたい方は、商品名に「河越抹茶」と付いているものを選んでください。

百足屋で河越抹茶を点ててみよう

川越で買いたい河越抹茶スイーツ&ドリンクまとめ|観光のお土産にも!

百足屋(むかでや)は、築380年の「田口家住宅」を再生・利活用した文化体験施設です。1階の店蔵にはカフェがあり、河越抹茶や狭山茶を自分で点てて飲むことができます。

川越で買いたい河越抹茶スイーツ&ドリンクまとめ|観光のお土産にも!

「自分で点てる河越抹茶と季節の上生菓子のセット」。お茶菓子をいただきながら動画でお茶の点て方を学び、その後に実践します。……が、これがなかなか難しい。

上手く点てられれば写真のように泡立ちます。腕は使わず、手首のスナップを利かせて混ぜるのがコツです。

▼ 百足屋の詳細についてはこちら

川越・文化体験施設「百足屋(むかでや)」で日本の伝統を楽しもう

続きを見る

店舗詳細

1901 TEA SALONの川越抹茶ババロア

川越で買いたい河越抹茶スイーツ&ドリンクまとめ|観光のお土産にも!

1901(イチキューゼロ市) TEA SALONは、22年4月にオープンしたばかりの和カフェです。

川越で買いたい河越抹茶スイーツ&ドリンクまとめ|観光のお土産にも!

明治34年築の土蔵造りの店蔵をリノベーションした店舗で、川越の歴史をながら鉄急須で日本茶を楽しめます。

川越で買いたい河越抹茶スイーツ&ドリンクまとめ|観光のお土産にも!

一押しメニューは「川越抹茶ババロア」。写真のドリンクは、埼玉県推奨品種「さやまみどり」が使われている狭山和紅茶です。

ババロアは抹茶感たっぷり!抹茶好きなら、きっと大満足できる味わいです。生クリームや餡子と一緒に食べれば、また違った風味を堪能できますよ。

その他の写真など

店舗詳細

22年4月現在は、土日のみ12時~17時に営業。

お土産処併設のカフェ・Kura Cafeの河越抹茶

川越で買いたい河越抹茶スイーツ&ドリンクまとめ|観光のお土産にも!

Kura Cafeは、川越市産業観光館・小江戸蔵里のお土産処である明治蔵の奥にあるカフェ。川越産の食材を使った様々なメニューを提供しています。

写真のドリンクは河越抹茶(アイス/ホット選択可)。砂糖などの甘味が使われていないため、抹茶本来のコクと苦みを味わえます。糖質を制限している方にもおすすめです。

また、夏季限定で河越抹茶のかき氷も注文できます。

河越抹茶 金時

抹茶好きにはたまらない1杯です!夏の川越観光の小休憩にぜひ。

河越抹茶が気に入ったらお土産売り場へ

「自宅でも河越茶(河越抹茶)が飲みたい」と思った方は、Kura Cafeの隣にあるお土産売り場をチェックしてみてください。Kura Cafe付近の棚に河越抹茶が置いてあるはずです。

手軽に淹れられるティーパックタイプもあるので、お土産にもぴったりですよ。

店舗詳細

ACROSS THE RIVERの河越抹茶ドリンク

クレアモール商店街にあるACROSS THE RIVERは、若者を中心に人気を集めているティースタンド。

台湾産の高級茶葉を使ったミルクティーと、店内手作りのタピオカがウリのお店ですが、河越抹茶のアレンジドリンクもたくさん販売しています。

写真は河越抹茶のラテ。後を引かないさっぱりとした甘さで飲みやすいラテです。砂糖の量は注文時に調節できます。

その他、河越抹茶のストレートティーや期間限定のメニューも。

過去には冬季限定で「ピスタチオ抹茶ラテ」や「葛(くず)抹茶」も販売していました。

店舗詳細

紋蔵庵の河越抹茶スムージー

川越の老舗和菓子店・紋蔵庵(蔵の街店)にはカフェスペースがあり、ドリンクやパフェを注文することができます。

ドリンクメニューの人気No.1は、「ポテッとスムージー」のプレーン。サツマイモの優しい甘さを楽しめる1杯です。

このドリンクには様々なフレーバーがあり、その中の1つに河越抹茶味があります。サツマイモと河越抹茶の風味を同時に味わえる、川越ならではのスムージーです。

紋蔵庵では河越抹茶を使った和菓子も販売しています。写真は22年4月に登場した季節限定のかりんとう饅頭「ちゃっかり川越」。河越抹茶を練りこんだ生地の中に、粒あんと抹茶あんが入っています。

店舗詳細

蔵の街店

茶和々の河越抹茶

川越で買いたい河越抹茶スイーツ&ドリンクまとめ|観光のお土産にも!

蔵づくりの町にある抹茶専門店・茶和々でも、河越抹茶を使ったドリンクなどをオーダーすることができます。

ただし、同店がメインで扱っている抹茶は宇治抹茶です。河越抹茶だけを狙いたい方は、注文する前によーく確認してくださいね。

写真の河越抹茶は甘味不使用。アイスとホットを選択できます。店内で販売している甘いお菓子のお供にもぴったりですよ!

河越抹茶たっぷり!抹茶わらび餅

川越で買いたい河越抹茶スイーツ&ドリンクまとめ|観光のお土産にも!

毎日お店で切りたてを用意しているというわらび餅。河越抹茶がふんだんに使われています。ぷるぷるした食感とまろやかな口どけが大好評!

お土産に最適なボックスタイプと、食べ歩き用のカップタイプを販売しています。

夏に大人気!抹茶アイス

お濃茶アイス

茶和々では抹茶感たっぷりの「お抹茶アイス」と「お濃茶(こいちゃ)アイス」も食べられます。

名前の通り、「お濃茶アイス」は非常に濃厚!SNSやレビューサイトでも、「こんなに濃い抹茶アイスは初めて食べた」と投稿している人がたくさんいます。

店舗詳細

彩乃菓の河越抹茶パフェ

川越で買いたい河越抹茶スイーツ&ドリンクまとめ|観光のお土産にも!

埼玉県産・川越市産の農産物や食材を使った和菓子を販売している彩乃菓(あやのか)。2階にカフェスペースがあり、ドリンクやパフェを注文できます。

写真は河越抹茶アイスと河越抹茶カステラが入った和風パフェ。河越抹茶の香りや味わいを存分に堪能できる逸品です。

この他にも、季節・曜日限定で河越抹茶スイーツを提供しています。

河越抹茶わらび餅生どら

「河越抹茶わらび餅生どら」は、22年3月に開催された市内のイベントで即完売したという超人気商品。3月12日から土日限定で販売しています。

※今後、販売日は変更となる可能性があります。

店舗詳細

川越プリンの河越抹茶味

川越で買いたい河越抹茶スイーツ&ドリンクまとめ|観光のお土産にも!

「川越プリン」は、18年7月にオープンした川越初のプリン専門店です。パッケージの形状は、蔵づくりの建物がモチーフ。

お店の看板商品は、いもペーストが練り込まれている「川越いも」プリンですが、河越抹茶入りのプリンも人気です。口の中で抹茶の風味がほんのり香る、大人向けのプリンに仕上がっています。瓶の底に入っている黒豆が良いアクセントに。

店舗詳細

お土産にぴったり!和芳庵の抹茶ショコラと河越抹茶スティックケーキ

和芳庵(わほうあん)は、狭山茶を製造・販売する長峰店が営業する狭山茶カフェです。狭山抹茶や河越抹茶を使ったスイーツが食べられます。

同店の焼き菓子「マカローヌ」は、TV番組「ゼロイチ」(日本テレビ系)や、グルメ系インフルエンサー「りょうくんグルメ」のTwitterで紹介されました。

また、りょうくんグルメの投稿をまとめた書籍「りょうくんグルメガイド」でも取り上げられています。

抹茶をたっぷり使った生地でチョコレートをサンドしたマカローヌ。人気商品なので、日によっては完売してしまうことも。絶対に食べたい方はお早めに!

22年3月には、スティックケーキの販売も始まりました。値段もサイズもお手頃なので、ちょっと小腹が空いたときのおやつや、差し入れにもぴったりですよ!

店舗詳細

店舗1階は長峰園、2階が和芳庵です。

川越これがかき氷の河越抹茶かき氷

川越で買いたい河越抹茶スイーツ&ドリンクまとめ|観光のお土産にも!

川越の大人気かき氷店・川越これがかき氷では、定番メニューとして河越抹茶を使ったかき氷を提供しています。

川越抹茶シロップと兵庫県産の白あずき、ジャージー牛乳を使った食べ応えのある1杯です。このかき氷がテーブルに運ばれてくると、あまりのインパクトに周囲のお客さんたちが色めき立ちます。

ちなみに、同店のかき氷には南アルプスの天然氷が使われており、一気に食べても頭がキーンとなりにくいと評判です。

▼ これがかき氷の順番待ち予約はオンラインで!

川越これがかき氷|整理券の取得後、時間をつぶせるスポットまとめ

続きを見る

店舗詳細

川越パターテの河越抹茶ジェラート

川越パターテは、蔵づくりの町にあるジェラートとニョッキのお店です。

ニョッキが評判の本店(Trattoria PATATE)は北海道にあり、姉妹店にあたる川越のお店でも、ニョッキには北海道産のじゃがいも「キタアカリ」を使用しています。

ジェラートメニューは、川越らしい「さつまいも」や「河越抹茶」、「河越ほうじ茶」など。人気No.1は「さつまいも」と「河越抹茶」のツイン(写真左)です。

また、河越抹茶や河越ほうじ茶のラテも販売しています。ジェラートのお供におすすめですよ。

店舗詳細

川越のお土産といえばコレ!亀屋の抹茶菓子

川越で買いたい河越抹茶スイーツ&ドリンクまとめ|観光のお土産にも!

亀屋は天明3年(1783年)創業の歴史ある和菓子店。同店を代表する銘菓「亀の最中」は、1927年(昭和2年)に考案されました。

川越で買いたい河越抹茶スイーツ&ドリンクまとめ|観光のお土産にも!

写真は「亀の最中」の河越抹茶バージョン。皮に河越抹茶が練り込まれています。最中の中身は小豆つぶ餡。

川越で買いたい河越抹茶スイーツ&ドリンクまとめ|観光のお土産にも!

パッケージも可愛いです。

なお、「亀の最中」のフレーバーは季節ごとに変わります。河越抹茶版が販売されるのは4月中旬~8月中旬頃まで。

亀屋ではこの他にも季節・期間限定で河越抹茶を使った和菓子を販売しています。実際に店舗へ足を運んで確認してみてくださいね!

ちなみに、蔵造りの街沿いにあるオシャレな和菓子店「kashichi(カシチ)」も、亀屋が運営しています。土・日・祝日には和菓子作り体験も実施しているので、興味のある方はぜひ参加してみてくださいね。

▼ 和菓子作りの体験レポ

川越で和菓子作り体験!老舗・亀屋 -kashichi(カシチ)-

続きを見る

店舗詳細

亀屋本店

茶そば寿庵 蔵のまち店の河越抹茶そば

川越で買いたい河越抹茶スイーツ&ドリンクまとめ|観光のお土産にも!

蔵づくりの町にある人気の蕎麦屋です。休日には店先に長い列ができています。

寿庵 蔵のまち店の名物メニューは、河越抹茶を使った茶蕎麦。すすると抹茶の爽やかな香りを楽しめます。

写真はセットメニューの「小江戸姫」。さつまいもの天ぷらも付いてくるので、「川越観光に来た!」という感じを味わいたい方におすすめです。

店舗詳細

HATSUNEYA GARDEN CAFEの抹茶ティラミス

レストラン・カフェ・ウェディング設備を備えたHATSUNEYA GARDENは、明治元年創業の料亭・初音屋をリニューアルしてできた複合施設。

その敷地内にあるHATSUNEYA GARDEN CAFEは、明治時代の洋館を彷彿とさせる落ち着いた雰囲気のお店です。

「抹茶のティラミス」は、同店の名物メニューのひとつ。日本の伝統である“枡”と洋菓子のティラミスを掛け合わせた和洋折衷スイーツです。

中にカシスのジャムがたっぷり入っており、見た目よりも爽やかな味わいに仕上がっています。

ドリンクは「河越抹茶ラテ」がおすすめですよ。

店舗詳細

川越観光のお土産に。おいもの茶紺の抹茶小豆茶紺

おいもの茶紺(ちゃこん)は、川越いもをたっぷり使った“焼きいも菓子”「茶紺」を販売しているお店。

写真の「抹茶小豆茶紺」には、川越いもと濃厚な狭山茶がふんだんに使われています。小豆・くるみ入り。

茶紺は、一般的なパウンドケーキよりもしっとりした食感に仕上がっています。また、焼いもの風味が残るように他の材料を混ぜ込んでいるため、抹茶小豆茶紺でも川越いもの味わいをしっかり感じることができますよ。

店舗詳細

観光エリアからは離れています。

  • 川越駅西口から徒歩11分
  • 川越駅西口から西武バス乗車、「新宿町」下車、徒歩3分

【番外編】一◯八抹茶茶廊 アトレ川越店の今川焼きも話題

全国チェーン店ですが、一◯八抹茶茶廊 アトレ川越店もSNSで話題を呼んでいます。

一◯八抹茶茶廊は、かつて徳川家康公が愛飲していたという本山茶を使用した抹茶スイーツを販売しているお店です。

主力商品は抹茶の今川焼き。新鮮な抹茶を練りこんだ生地をその場で焼いてくれます。粒あんは甘さ控えめ。

今川焼きの他にも、抹茶クリーム大福や抹茶わらび餅、抹茶ドリンクも購入できます。

ちなみに、店名の「一◯八」は、「茶」の文字を分解すると十+十+八十八=一◯八(10+10+88=108)になることから。また、日本では108歳のことを茶寿と呼ぶことにも由来しているそうです。

店舗詳細

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
富築

富築

埼玉県と美味しいもの・可愛いものが大好きなwebライター。川越在住。
蔵の町周辺をよくぶらついています。
そうだ埼玉.com公式ライター:記事一覧
掲載記事についてのコメント・仕事依頼・広告掲載依頼等、各種お問い合わせはこちらからお願いします。

-3. おすすめの食事処を知りたい, 川越散策記
-, ,