お得な食のイベント「川越蔵まちバル」でグルメ巡りを満喫しよう!

投稿日:2018年9月7日 更新日:

川越市内の飲食店でグルメ巡りを楽しめる「川越蔵まちバル」。お店の新規開拓に打ってつけのイベントです!

「川越蔵まちバル」とは

川越市内の飲食店が参加する、”まちバル”スタイルの食イベント「川越まちバル」。
観光案内所などで購入した専用チケットをお店に提示すると、イベント限定メニューを食べられます。

2018年度は9/6~9/9までの実施。

街バルのパンフレットを見て、「このお店のメニュー、あんまり好みじゃないな」「いまひとつ足りないんだよな」と思っても、とりあえず足を運んでみることをおすすめします。

お店にもよりますが、パンフレット未掲載のサービスを用意していたり、なんとおまけメニューが付いてくることも…!

川越蔵まちバルの参加方法とシステム

まずは、川越蔵まちバルのチケットとパンフレットを入手しましょう。

JR・東武東上線「川越駅」構内の観光案内所(東武東上線の改札口前)や、西武新宿線「本川越駅」構内の観光案内所、土産物屋「小江戸蔵里」、イベント参加店舗で販売しています。

チケットは3枚綴りですが、一部のまちバル参加店ではバラ売りしてくれるところも。

前売券がお得!

チケットには、前売券と当日券の2種類があります。
前売券は、イベント初日の約半月前~前日まで販売。
当日券よりも100円安く購入できるので、ちょっとだけお得にバルを楽しめます。

チケットを手に入れたら、パンフレットに載っているバル参加店リストを参考に、好きなお店をまわりましょう!
バルメニューを注文するときは、店員さんに「まちバルで来ました」と伝えてチケットを渡すだけでOK。
もちろん別途料金を払えば、通常メニューも注文できます。

チケットが余ってしまったら

チケットをうっかり使い残してしまっても、絶対に捨ててはいけません!

バル最終日の翌日から数週間は、ばる参加店舗で1枚700円分の金券として使えます。

川越蔵まちバルランキングに参加しよう!

チケット上部にある投票券で、まちバルランキングに参加できます。

1位に選ばれたお店に投票した人の中から抽選で、商品券のプレゼント付き!
「行って良かった」というお店があった場合は、ぜひ投票してみてください。

投票箱は各店舗にあります。

【参考】2017年度の投票結果

1位:ビストロ岡田
2位:カフェヴィーノ
3位:幸すし

川越蔵まちバルの楽しみ方

2018年度のまちバルの様子です。お店巡りの参考にしてください。

1軒目:小江戸蔵里 ききざけ処

メニュー内容:埼玉県産限定酒(日本酒)+漬物3種盛り or 鏡山クリームチーズ
チケット枚数:1枚

埼玉県内の日本酒を試飲できる小江戸蔵里の昭和蔵「ききざけ処」では、”発酵”をテーマにバルメニューを用意していました。

日本酒は、南陽醸造の「花陽浴(はなあび)」と小江戸鏡山の「小江戸ワイン酵母仕込み純米 Light」から選択可能。
そこで今回は、埼玉の超希少酒「花陽浴」をいただくことにしました。


今度このお酒にお目にかかれるのは、何年後になることやら…。

埼玉35蔵の地酒を利き酒!小江戸蔵里 昭和蔵ききざけ処で角打ち

続きを見る

2軒目:Bistro Cache Cache(ビストロ カシュ カシュ)

メニュー内容:ドリンク(樽生ワイン・スパークリングワイン・生ビール・カクテル各種)+前菜盛り合わせ(人参フラン・イベリコ豚のパテ・合鴨の生ハム・ライスコロッケ)
チケット枚数:1枚

リーズナブルな価格で本格フレンチを楽しめるお店。
チケット2枚メニューも用意しており、チケット1枚メニューに「フォアグラのポアレ」が追加されます。

ライスコロッケの中にトロトロのチーズが入っていました。
リゾットみたいで美味しかったです。

3軒目:六軒町 炭火やきとり もとはし

メニュー内容:焼き鳥3本(おまかせ3本コース)+好きなドリンク1杯
チケット枚数:1枚

鮮度にこだわった焼き鳥を提供している焼き鳥専門店。
チケット1枚で2種類のコースを用意しており、鴨ローストと鶏ハムの盛り合わせ+好きなドリンク1杯を注文することもできます。

写真は、ハツ・ひな肉おろし・ハラミ。
どの部位が出て来るかは”おまかせ”になりますが、嫌いな部位がある場合は最初に伝えておけば大丈夫です。

夜は川越の人気スポットがライトアップされます

夜の一番街

対象となるスポットは毎年少しずつ変わりますが、2018年度は埼玉りそな銀行と川越商工会議所の2か所でライトアップが実施されます。

日時:9月8日、9月9日 17:30~21:30

2016年度のライトアップイベントの様子

ライトアップ最終日がクリスマスだったこともあり、かなり力が入っていました。

蓮馨寺

蓮馨寺。境内にブルーの大木が生えていました。

エレクトリックごみ箱

エレクトリックごみ箱。
そう、これでもごみ箱なんです。
思わず顔を近づけて覗いてしまいました。

三角の灯り・ひかりの反射と映る街並み

「三角の灯り・ひかりの反射と映る街並み」by 日色真帆+日色研究室+東洋大学川越キャンパス学生有志
場所:りそな銀行横
川越の屋根型をモチーフとした正四面体のライト。
行燈の様な優しい光が印象的でした。

鍛冶町広場のライトアップ

場所:鍛冶町広場
真ん中の青いライトが、エメラルドや紫、薄ピンクなど様々な色に変化。
子どもたちにとても人気がありました。

おまけ。

ランプ屋さん

蓮馨寺に隣接しているランプ屋さんの店先。
綺麗だったので撮影しました。

  • この記事を書いた人

富築(水先)

埼玉県と美味しいもの・可愛いものが大好きなwebライター。川越在住。
蔵の町周辺をよくぶらついています。
そうだ埼玉.com公式ライター:記事一覧
掲載記事についてのコメント・仕事依頼・広告掲載依頼等、各種お問い合わせはこちらからお願いします。

-1. 川越の観光名所について知りたい, 川越散策記
-

Copyright© 川越 水先案内板 , 2018 All Rights Reserved.