風鈴の川越氷川神社 氷川おいしいモノ市でプロの味を格安で堪能!

投稿日:

夏の縁結び風鈴で有名な川越氷川神社では、2017年から年1回ペースで「氷川おいしいモノ市」を開催しています。

シェフが目の前で調理!氷川おいしいモノ市とは

2018年8月25日、氷川神社に隣接している氷川会館(結婚式・披露宴会場)で「氷川おいしいモノ市」が開催されました。
17年8月に第1回が開催されて以来、今回が2回目。

普段、披露宴の料理に腕を振るっている料理人さんが、目の前でハイクォリティな1皿を調理・提供してくれるイベントです。

女性を中心に大人気!川越氷川神社

川越氷川神社は、結婚と家庭円満の姿をした2組の夫婦神様が祀られていることから、縁結びの神社として有名です。

7月初旬~8月末までの期間限定で開催される祭事「縁結び風鈴」は、若い女性を中心に人気を博しています。

縁結びの川越氷川神社。良縁を呼び寄せる鯛みくじと風鈴の音

続きを見る

氷川おいしいモノ市でプロの味を楽しむ

氷川会館に到着。
この日は久しぶりの酷暑日でしたが、氷川神社の参拝客がいっぱいいました。


館内の出入りは自由です。
入ってすぐ右手側には、人気のカフェ「むすびcafe」があります。


おいしいもの市会場入り口。
会場内からは楽しそうな声が聞こえてきます。

会場内の様子。
席は円卓ですが、完全に自由席です。
同じテーブルに複数のグループが座っています。

もちろん1人で座っている人も大勢いました。

おぼんを持ったら配膳列に並びます。
バイキング制なので、基本的にはどこから並んでもOK。

「おにぎり〇個ください」と注文すると、料理人さんがササっと握ってくれます。
「え、もうできたの?」と驚くくらい、本当に手早かった…。


料理を受け取ったら、配膳列ごとに設けられた精算所でお会計をします。
列によっては先会計の所もあったのですが、係の方が優しく誘導してくれました。

まずは1周目。
手前の卵焼きは、焼きたてだし巻き卵(300円)です。
料理人が目の前で、ふんわりと焼き上げてくれます。


鯛の炊き込みご飯おむすび(150円)。
出汁がよくきいていて、香ばしい味わいでした。


牛フィレ肉のロッシーニ風(1,000円)。
これはちょっとお高めですが、材料を考えたら、普段はこの価格では食べられないような気がします…。
白ワインに合いそうな1品でした。


飲み物はCOEDOビールやジュースもあったのですが、水分補給のためウーロン茶に。

では、2週目です。


めちゃくちゃ美味しかった、カンパチ カマ漬け焼き(250円)。

配膳の都合上、真空パックで調理したものを器に盛っていたのですが、パックのまま持って帰りたいくらい気に入ってしまいました。


牛肉の盛りがお上品だった、和牛すじ肉の牛めし(500円)。
もう少し盛ってくれても良いのですよ…?
とはいえ、カンパチの濃いめの味付けだったので、結果的には丁度良い塩梅でした。

3週目は洋です。


ラザニア(400円)。
チーズの下に、茄子などの野菜がたくさん隠れていました。


焼きとうもろこしの冷製スープ(300円)。
とうもとこしの香ばしい風味が口いっぱいに広がるスープでした。
付け合わせの焼きとうもろこしも美味。

4週目はデザートです。
みるくかき氷 ピンクグレープフルーツ ライチ(600円)。
流行りのふわふわ食感かき氷がミルキーで、フルーツとの相性抜群でした!


デザートも目の前で作ってくれます。

市内の飲食店も出店

メイン会場の外には、川越市内の飲食店のブースもありました。

「デイリースタンドコポリ」さんの「24時間煮込んだハヤシライス」が人気だったようです。
「ハヤシライスにするか、牛めしにするか」と悩んでいる乙女をたくさん見かけました。

こちらはドリンク系のお店のコーナー(バーケセラ、COFFEE POST)。

メイン会場の隣の広間にも、飲食店ブースエリアが設けられていました。


市内外から人気のパン屋さん「ベーカリー楽楽」のブースも。

一通り食べ終わった後に知ったのですが、飲食スペースはかなり充実していたようです。


お店などが設置されていない、飲食専用の部屋が2つ用意されていました。

氷川会館の料理人さんが作った「おいしいモノ」を、手軽かつお手頃価格でいただける「氷川おいしいモノ市」。
次回もぜひ参加したいと思います!

  • この記事を書いた人

富築(水先)

埼玉県と美味しいもの・可愛いものが大好きなwebライター。川越在住。
蔵の町周辺をよくぶらついています。
そうだ埼玉.com公式ライター:記事一覧
掲載記事についてのコメント・仕事依頼・広告掲載依頼等、各種お問い合わせはこちらからお願いします。

-2. イベント・伝統行事に参加したい, 川越散策記
-,

Copyright© 川越 水先案内板 , 2018 All Rights Reserved.