川越市民が作る、小江戸川越の情報発信サイト

川越 水先案内板

旧山崎家別邸の2階を見学してきました

投稿日:2017年3月26日 更新日:

2017年3月25日、旧山崎家別邸の一般公開1周年を記念し、通常は非公開となっている母屋の2階部分が特別に公開されました。

1階の様子はこちら

和洋折衷、洋風クラシカルなインテリアが新しい!旧山崎家別邸

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

続きを見る

旧山崎家別邸の2階へ


見学会は11時、12時、13時、14時の計4回行われ、それぞれ定員20名(10人×2グループ)でした。
メンバーは若い人も多かったです。


2階へ上がる階段。
普段は階段前にポールがあり、封鎖されています。
1段上がる度に、木の軋む音がしました。

各回で定員を定めて10人ずつのグループに分けたのは、階段の耐久度を考慮してのことだったそうです。

ステンドグラス
階段途中のステンドグラス。
小川三知(1867年~1928年)の「泰山木とブルージェ」という作品です。
階下からでも見えますが、やっぱり上から見た方が綺麗ですね。


階段の正面にある暗室。
小説や漫画では見たことがありましたが、本物の暗室を見たのは初めてでした。



寝室。
ベッドやカーテン、家具類は全て当時のまま残しているそうです。


寝室と繋がっている書斎。
床がコルクで出来ていて、フカフカとした感触が気持ち良かったです。


六帖。
出窓から庭園を眺められます。


2階から見た庭園。


障子…なんですが、実は丈夫なガラスで出来ています。
紙を張り替える必要がなく、実用的だったとか。


ここの障子だけがガラスでした。

 


2階は1階ほど広くはないので、これで全部です。

次回の公開がいつになるのかは不明ですが、非常にレアなイベントなので、機会があればぜひ参加してみてください!

Clip!

記事をクリップすると、「クリップした記事」ページから簡単にアクセスできるようになります。

-1. 川越の観光名所について知りたい, 川越散策記
-,

こんな記事も読まれています

土蔵造りの美術館、山崎美術館。龍虎図屏風・橋本雅邦の生涯に触れる

川越の老舗和菓子店「龜屋(亀屋)」の一角にある、土蔵造りの美術館です。

川越観光 おすすめ名所巡り ~蔵造りの町前編~

いよいよ川越観光のメインスポット、蔵造りの街並みへと突入します。

贈れば必ず喜ばれる!川越・埼玉名産ギフトまとめ①

冠婚葬祭・季節のイベントなど、社会人になるとちょっとした一品を贈る機会が多くなるものです。そんな時、真っ先に候補に挙がるのは地元の名産品ですよね。今回は川越や埼玉の数ある名産品の中から、贈って必ず喜ば ...

和洋折衷、洋風クラシカルなインテリアが新しい!旧山崎家別邸

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

おすすめ記事

1

川越観光の途中でぶらっと気軽に立ち寄れる、車不要で行けるカフェをご紹介します。 川越でうなぎや薩摩芋料理を食べるのも良いですが、おしゃれなカフェ空間でランチやおやつを楽しむのもおすすめですよ! また、 ...

2

ラーメン大好きな川越市民が選ぶ、駅周辺で食べられるおすすめのラーメン屋をご紹介します。 地元民だからこそ知っている情報も満載!

3

川越は徒歩で観光する人が多いためか、食べ歩き出来るお店がたくさんあります。 今回はその中でも、地元民の筆者お気に入りの食べ歩きフードをご紹介します!

4

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

Copyright© 川越 水先案内板 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.