川越で七五三を!着物レンタル&着付け店、おすすめの神社はココ

多くの寺社があり、情緒あふれる街並みが魅力的な川越市。そんな川越で七五三を迎えられたら、とても素敵ですよね。

でも、七五三は華やかなことばかりではありません。当日までに衣装をレンタルしたり、着付けの予約をしたり、前撮りをしたり、お参りのための下調べをしたり……。とにかく前準備が大変です!

そこで今回は、実際に川越で娘の七五三を迎えた経験を活かし、押さえておくべきポイントをまとめました。

ライター:yonekura

川越で迎える七五三!着物レンタル・写真撮影のお店を選ぶポイント

私が子供だった頃の「七五三」は、美容院などで衣装の着付けをしてもらい、写真館などで撮影してもらうのが一般的でした。

もともと家にあった着物を着る子もいれば、新しく買ってもらったものに袖を通す子もいたものです。

そのような七五三の基本的な流れは、昔も今も変わっていません。とはいえ、「自宅に着物なんてない」「私のお古があるけど、デザインがちょっと古いかも…」「新しい着物を買うお金がない」という家庭も多いかと思います。

でも安心してください。今は「着物をレンタルする」という選択が気軽にできる時代です。

パターン①子供向けの大手写真館で着物レンタル&撮影

川越で七五三を!着物レンタル&着付け店、おすすめの神社はココ
出典:スタジオマリオ

最も多いのは、やはりこのパターンではないでしょうか。

子育てに写真撮影はつきものです。日ごとに大きくなっていく子供の晴れ姿。せっかくですから、かわいい写真を残してあげたいですよね。

その点において、子供の写真撮影に特化した大手写真館なら安心です。着物やドレスの種類が豊富ですし、大手ならではのお得なキャンペーンを実施している場合も。

川越市内の主な子供向けの写真館

パターン②川越氷川神社で着物レンタル&撮影。お参りも一緒に

川越で七五三を!着物レンタル&着付け店、おすすめの神社はココ

川越で最も人気のある七五三お参りスポットといえば、川越氷川神社でしょう。同神社の境内に隣接する氷川会館では、七五三衣裳のレンタルや撮影も可能です。

撮影もお参りも無理なく一か所で済ませられるので、別の日に前撮りする必要がありません。

料金、予約方法などは氷川会館へ直接お問い合わせください。

>> 氷川会館 公式サイト

パターン③川越市内の丸広や着物レンタル屋さんで着物レンタル&撮影

川越で七五三を!着物レンタル&着付け店、おすすめの神社はココ

川越の老舗デパート「丸広」では、冠婚葬祭用の衣裳がレンタルできます。七五三シーズンの期間限定フェアで、お得に写真撮影できる場合も。

また、川越市内には神社も着物レンタル店もたくさんあるので、ぜひアクセスの良いお店を探してみてください。特にスタジオを併設しているレンタル店は便利ですよ。

着物レンタル・写真撮影が一緒にできる川越市内のお店

丸広(まるひろ) 川越店で七五三衣裳レンタル&撮影してきました!

川越で七五三を!着物レンタル&着付け店、おすすめの神社はココ

2018年、我が家では7歳の娘の七五三で丸広の着物のレンタルを利用しました。

丸広でレンタルすることに決めた理由は、自宅に届いたDMの衣装がとても素敵だったからです。古典的なデザインの着物でしたが、艶やかで子供らしい明るさと可愛らしさもあり、「こんな着物を娘に着せてあげたいな」と思いました。

出典:Instagram

丸広で七五三の衣装レンタル・撮影を行っているのは、3階の「レンタルコーディネートマイム」です。

割引情報や予約会情報は事前にチェックしておこう!

割引

丸広で七五三の衣装レンタルを予約する際は、事前に公式HPなどでイベント情報をチェックしてください。もしかしたら「七五三レンタル衣裳ご予約会」を開催しているかもしれません。

このようなイベントに参加できれば、お得な割引が適用される可能性も。

私は先着10名限定の「ランクアップ料金」により、税込10,800円の割引を受けることができました。

まるひろ川越店 レンタル七五三「フルパックプラン」(2018年)

  • セット内容:記念写真6切1ポーズ、レンタル着物&子供一式、着付&ヘアメイク(女児のみ)、髪飾り(女児のみ)、足袋プレゼント、着物着用での外出OK(までに翌日返却)
  • 料金:7歳税込46,440円より、5歳税込35,600円より、3歳税込41,040円より

丸広の着物レンタルは、着物のランクによって価格に差があります。

高いものほど豪華になっていきますが、あまり価格にとらわれないようにしてくださいね。結局は親子で気に入ったものや、お子さんに似合うものが一番です。

せっかくの晴れ姿、写真をたくさん残しておこう

2018年の「フルパックプラン」では、デフォルトで写真1枚がセット内容に含まれていました。とはいえ、写真1枚だけで満足できる人は少ないと思います…。

そこで、我が家は別料金を払い、6枚入りの大きなアルバムタイプを購入。

川越で七五三を!着物レンタル&着付け店、おすすめの神社はココ
2面デザインアルバム

また、購入した全撮影データを無料で受け取ることができたので、お参りの時に撮った写真や入学式の写真とともに、A4タイプのフォトブックにまとめました。

それを祖父母にプレゼントしたところ、とても喜んでもらえましたよ。

予約は店頭で

丸広で衣装レンタル・撮影の予約をする際は、お店へ直接足を運ぶ必要があります。どうしても子供を連れていけない場合は、予約だけでもOK。後日、着物を選ぶことも可能です。

我が家が丸広を訪れたのは、予約会初日の5月頃のことでした。

川越で七五三を!着物レンタル&着付け店、おすすめの神社はココ

着物選びをしたのは、丸広3階のマイム。

とても悩みました。7歳になると娘自身の好みも出てくるので、私の意見とぶつかってしまったり……。

着物自体は素敵でも、顔うつりの良し悪しはまた別の問題です。たくさん試着して吟味することをおすすめします。

ゆったり丁寧な着付とメイク、写真撮影

化粧

前撮り写真の撮影は夏に行うことが多いと思います。我が家の前撮りも7月でした。

丸広の前撮りでは、着物だけではなくドレス姿の撮影も可能です。結局、女の子は着物よりもドレスの方が喜びますね……。ドレス選びは当日に行います。

専門店と比較すると、決してドレスの数が多いとは言えません。しかし、どのドレスも細かな部分まできれいに作り込まれていて、大人が見ても十分に満足できるものばかりでした。

娘が気に入ったドレスはこちら。

前撮り時と七五三当日の着付は、本館正面の駐車場横にある建物の1階で行いました。入り口付近に受付や待合室があり、その先にメイクアップ室と撮影スタジオがあったのを覚えています。

日曜日でしたが、待合室の空きには余裕があり、待ち時間もほとんどありませんでした。他の撮影スタジオではかなり待たされ、待機スペースも狭いことが多かったので、丸広での撮影はとても快適でしたよ。

マイムの方によると、「ヘアメイク・メイクアップ・着付には自信がある」とのこと。確かにとても丁寧な仕上がりでした。また、子供とも明るくコミュニケーションをとってくれてありがたかったです。

簪の種類も豊富なので、ぜひ着物に合わせて吟味してください。これも衣装選びの楽しみの1つです。髪が長ければ、自分の髪で日本髪にしてもらえますよ。

カメラマンさんが子供にたくさん声をかけてくれたので、子供もノリノリでポーズを決めていました。もちろんポージングも丁寧に指導してくれます。

壁紙のデザインはシンプルでしたが、それがかえって品のある印象に仕上がりました。着物の柄も映えたので良かったです。

※割引サービスや料金体系、予約方法、撮影内容などは2018年時のものです。詳細はお店に直接お問い合わせください。

川越の着物レンタル屋さんで七五三の衣装を借りよう

川越で七五三を!着物レンタル&着付け店、おすすめの神社はココ

観光スポットとして有名な「蔵造りの町(一番街)」には、着物レンタルのお店がたくさんあります。川越氷川神社にも近いですし、蔵造りの街並みをバックに晴れ姿を撮影すると素敵な1枚になりますよ。

そして何より、この通りにあるレンタル屋さんは、料金が良心的です。

「きもの屋沙羅」の七五三衣装レンタル

川越で七五三を!着物レンタル&着付け店、おすすめの神社はココ

以前、着物レンタルを利用させていただいた「きもの屋沙羅」さん(蓮馨寺のすぐ近く)は、古典的で華やかな七五三用の着物を豊富に取り揃えていました。

こちらのお店であれば、ヘアメイク・写真代込みでも5万円前後でおさまるでしょう。
※正確な料金は、お店に直接お問い合わせください。

川越で七五三を!着物レンタル&着付け店、おすすめの神社はココ

また、蔵造りの町の近くには自前の撮影スタジオもあるので、衣装レンタル~撮影まで、全て1か所で済ませることができます。

きもの屋沙羅さんで、7歳向けの着物の一例を見せていただきました!

さすが着物のことを知り尽くしたオーナーさんが厳選した品々。

「子供にも本格的な着物を着せたい」という方にも好評とのことです。

きものや沙羅の店舗情報

次のページでは、七五三におすすめの神社・食事処をご紹介します。

おすすめガイドブック

るるぶ埼玉 川越 秩父 鉄道博物館’20

小江戸川越おすすめのフォトスポットや食べ歩きグルメ、パワースポットなど、川越の魅力を余すところなく紹介!観光中も役立つ情報満載です。

※登録後、1か月間は無料で読めます。

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
米倉敦子

yonekura

生まれも育ちも川越で、現在も川越在住。 それゆえに変わりゆく街におどろく毎日。 新しい川越の名物発掘にはまっています。

-2. イベント・伝統行事に参加したい, 川越散策記
-

Copyright© 川越 水先案内板 , 2020 All Rights Reserved.