富築(水先)

富築(水先)

埼玉県と美味しいもの・可愛いものが大好きなwebライター。川越在住。
蔵の町周辺をよくぶらついています。
そうだ埼玉.com公式ライター:記事一覧
掲載記事についてのコメント・仕事依頼・広告掲載依頼等、各種お問い合わせはこちらからお願いします。

2021/2/14

川越の料亭 山屋でリモートワーク|「緑のリモートオフィス」プラン体験

2021年の1月下旬から、川越の老舗料亭 山屋でリモートワーク向けプラン「緑のリモートオフィス」がスタートしました。 個室を最大6時間まで仕事場としてレンタルできる上に、山屋の豪勢なお弁当も付いてくるプランです。 いつもと違う環境で働きたい方や、1人で個室にこもって仕事に集中したい方にはまさに打ってつけ。また、「山屋に興味はあったんだけど、機会がなくて利用したことがなかった」という方にもおすすめです。 ※「緑のリモートオフィス」プランの価格・サービス内容は取材(20年2月12日)のものです。今後、変更とな ...

2021/2/15

川越まつりを応援!COEDO「祭エール -Matsuri Ale-」2月15日発売

クラフトビールの製造・販売を手掛けるCOEDO(コエド、埼玉県川越市)は、「祭エール -Matsuri Ale-」を2021年2月15日に発売しました。

2021/2/5

川越で買えるおすすめバレンタインチョコ&チョコレートケーキ特集!

「川越市街地でバレンタインチョコを調達したい」「バレンタインデーに川越で友達と観光or恋人とデートする予定」という人におすすめしたい、美味しいチョコ菓子を販売しているお店をご紹介します!

2021/1/24

「あんたがたどこさ」発祥の地は川越?「せんば山には狸がおってさ」の謎

「あんたがたどこさ ひごさ…」から始まる日本の古いわらべ歌「あんたがたどこさ」。歌詞に熊本の地名が出てくることから、この歌の発祥の地は熊本県であるというのが通説になっています。 しかし、昔からこの説には多くの異論が唱えられてきました。その中でも「『あんたがたどこさ』発祥の地は埼玉県川越市である」という説は、最も有力視されています。 そこで今回は、「あんたがたどこさ」発祥の地=川越という仮定のもと、このわらべ歌に込められた意味について検証してみました。

2021/1/20

豪華賞品が当たるかも!?喜多院&成田山川越別院の節分会

毎年2月3日は、喜多院と成田山川越別院で節分会(せつぶんえ)が開催されます。 特に成田山川越別院の節分会は、毎年1,000人以上が来場する大人気イベントです! なお、本記事では取り上げていませんが、昭和の街沿いにある蓮馨寺(れんけいじ)でも、毎年2月2日に節分会が行われています。

Copyright© 川越 水先案内板 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.