川越市民が作る、小江戸川越の情報発信サイト

川越 水先案内板

川越観光 おすすめ名所巡り ~蔵造りの町後編①~

投稿日:2015年12月27日 更新日:

蔵造りの町並み散策もいよいよ終盤です。今回はメインストリートの裏通りを歩きます。

前回の散策

川越観光 おすすめ名所巡り ~蔵造りの町中編~

川越と言えば、やっぱり「時の鐘」ですよね。今回は時の鐘周辺を散策します。

続きを見る

肉屋「辻の吉野家」から蔵造りの町並み裏通りへ

前回の最後に出てきた肉屋「辻の吉野家」です。
辻の吉野家
今回はここから東に向かって歩きます。(上の写真の場合、左側へ進みます)

この様なルートです。

危ない
この通りは結構危ないんですよね。車道と歩道の境が曖昧なんです。気を付けて歩いてください。

左手側に発泡スチロールオブジェ置き場があります。
発泡スチロールオブジェ
ここに置かれる作品は日によって変わります。この日は鳥獣戯画の相撲蛙だけでした。
相方の兎は市内のどこかの店先に飾ってあったはずです。

発泡スチロールオブジェとは?

川越市内の各所に飾られている発泡スチロール製のオブジェ。
これらは全て発泡スチロールアーティストであるヤジマミキオさんの手によるものです。元々ヤジマさんは川越市役所に勤務されていましたが、予てより夢中になっていた発泡スチロールオブジェ制作に専念するため、50代半ばにして早期退職。その後はプロとしてのアーティスト活動を開始しました。
「ZIP!」や「めざましテレビ」、「メレンゲの気持ち」など、数々のテレビ番組にも出演されています。
ヤジマミキオさんHP

蔵造りの町並み裏通りは隠れたグルメストリート

青丸のライン上を歩きます。

裏通り
裏通りは大正浪漫通りに少し似ているかもしれません。

お好み焼き1枚250円でテイクアウト出来るお店。
お好み焼き
こじんまりとしたお店ですが、いつも客足が途絶えません。

都屋。
都屋
70年以上続く老舗店です。
横丁の焼だんごは1本50円。この辺りでは最安値だと思います。

着物姿の男女より、奥のチンパンジーに目が行ってしまいますね。
チンパンジー
アレも発砲スチロールアート作品の1つです。

ベーカリー楽楽。
ベーカリー楽楽
味噌パンが美味しいと有名なパン屋さんです。
味噌パンの生地には秩父味噌が練りこまれています。
ほんのりと味噌の香りがしますが、味は全然しょっぱくなく、お菓子の様に甘いです。
食事というより、おやつに丁度良いパンだと思います。
個人的には、黒カレーパンが一番好きです。

テラス
楽楽の敷地内にあるテラスで、買ったパンを食べることが出来ます。
ここのテラス席はいつ見てもお客さんがたくさんいます。

楽楽のお向かいにある「サンドイッチパーラー楽楽」。

サンドイッチパーラー楽楽
サンドイッチの専門店で、1階がサンドイッチ売り場、2階・屋上がイートインになっています。

イートイン。
イートイン
奥の小部屋はトイレ。
写真には写っていませんが、手前側に洗面台やトラッシュボックスがあります。

サンドイッチ2つ+モーニングセット
サンドイッチ2つ+モーニングセット(お豆のマリネ・自家製プリン)。
何を思ったのか食べ過ぎました。この後、全くお腹が空かなかったです。


屋上のテラス席。
わんちゃん同伴で利用できます。
日差しよけのタープがあるので、天気の良い日は利用してみてはいかがでしょうか。


テラスから見た菓子屋横町。

この丁字路を右に曲がると菓子屋横町へ行けますが、今回は真っ直ぐ進みます。
丁字路

いも膳 うなぎ専門店 うなっ子。
うなっ子
優雅に泳いでいる鯉が目印です。
うなぎ料理と薩摩芋料理の専門店です。
うなぎは琵琶湖産の天然ものを使っており、その大きさは養殖ものの5倍~10倍。
脂がよくのっていて、皮も柔らかいです。

しばらく真っ直ぐ歩きます。
真っ直ぐ
この辺りまで来ると、人の数が減ってきます。

松本醤油店(手前)と「Blue moon」(奥)が見えてきました。
松本醤油店

松本醤油店。
松本醤油店
はつかり醤油や、はつかり醤油を使ったもろみ漬が売られています。

松本醤油店とは

創業250年、川越市を代表する醤油「はつかり醤油」を醸造している醤油蔵です。

はつかり醤油は埼玉県産の小麦と川越産の大豆を原料とし、木桶の中で約2年間自然熟成させた再仕込み醤油。
醤油の香りがとても強く、煮物・お刺身・卓上用と幅広い用途に利用出来ます。

常温で放置していると、容器に酵母菌が付着します。これは醤油が生きている証拠で、カビではありません。

ガラスアーティスト吉野正也さんの工房兼ショップです。
Blue moon
ガラスアートの体験工房を受け付けています。
30分くらいで終わるので、川越観光の思い出作りに立ち寄ってみるのも良いかもしれません。
詳細はBlue moon公式ページをご覧ください。

吉野さんの作品
もちろん吉野さんの作品も販売しています。

 

次回は人気観光スポット菓子屋横丁を散策します。

川越観光 おすすめ名所巡り ~蔵造りの町後編②(菓子屋横町)~

川越を観光案内するにあたって、この場所は外せません。菓子屋横丁は、江戸菓子の粋と歴史を今に伝える、小江戸に無くてはならない存在です。

続きを見る

Clip!

記事をクリップすると、「クリップした記事」ページから簡単にアクセスできるようになります。

-1. 川越の観光名所について知りたい, 川越散策記
-, , ,

こんな記事も読まれています

川越観光 おすすめ名所巡り ~蔵造りの町後編②(菓子屋横町)~

川越を観光案内するにあたって、この場所は外せません。菓子屋横丁は、江戸菓子の粋と歴史を今に伝える、小江戸に無くてはならない存在です。

はつかり胡麻ドレッシングが大人気!松本醤油商店の蔵を見学

2014年11月25日、TBSテレビ「マツコの知らない世界」で紹介されて以来、日本全国から脚光を浴びている「はつかり胡麻ドレッシング」。 製造元である松本醤油商店の醤油蔵を見学させていただきました。

川越でよく見るワード「初雁(はつかり)」。その由来と意味は?

川越の観光スポットや名物に度々登場する「初雁」「はつかり」という名前。「何のことなんだろう?昔の地名かな?」と疑問を感じている方も少なくないと思います。そこで今回は、なぜ川越市内で「初雁」という言葉が ...

川越観光 おすすめ名所巡り ~蔵造りの町後編③~

今回散策するのは古民家の立ち並ぶ、雰囲気の良い裏通りです。

川越観光 おすすめ名所巡り ~蔵造りの町後編④~

蔵造りの町裏通り編もいよいよラスト。今回はあまり観光客が通らない道を歩きます。

おすすめ記事

1

川越観光の途中でぶらっと気軽に立ち寄れる、車不要で行けるカフェをご紹介します。 川越でうなぎや薩摩芋料理を食べるのも良いですが、おしゃれなカフェ空間でランチやおやつを楽しむのもおすすめですよ! また、 ...

2

ラーメン大好きな川越市民が選ぶ、駅周辺で食べられるおすすめのラーメン屋をご紹介します。 地元民だからこそ知っている情報も満載!

3

川越は徒歩で観光する人が多いためか、食べ歩き出来るお店がたくさんあります。 今回はその中でも、地元民の筆者お気に入りの食べ歩きフードをご紹介します!

4

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

Copyright© 川越 水先案内板 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.