川越市民が作る、小江戸川越の情報発信サイト

川越 水先案内板

川越産野菜をもっと身近に!クレアパーク公園朝市

投稿日:

川越の名物商店街クレアモール内にある「クレアパーク」では、定期的に「公園朝市」を開催しています。

公園朝市とは

市民の憩いの公園「クレアパーク」。
公園朝市は、そんなクレアパーク内で、毎月第1土曜日の9:00~11:00(売り切れ次第終了)に開催されている朝市です。
川越市内の農家さんが、採れたて野菜をトラックで直接運び入れ、自ら販売してくれます。

常連のお客さんも多く、想像以上に早く完売してしまうので、お目当てのものがある方はお早めに!

アクセス

公園朝市の様子


9時10分頃に到着。
既に公園内はたくさんのお客さんで賑わっていました。

福原の農園から直送されてきた野菜たち。



野菜の価格が高騰している影響もありますが、いずれも近隣のスーパーで買うよりも50~100円ほど安かったです。
今回は、にんじん・大根・ほうれん草を購入しました。


ひっきりなしに来店するお客さんたち。
野菜が飛ぶように売れていきます。
中には財布を握りしめて、小走りで来る人もいました。

確かにスーパーで買うよりも安くて新鮮・生産者の顔も分かるので、走ってきてでも買いたい気持ちは理解できます。


この日は特にほうれん草が人気でした。
1束でもそれなりの量がありましたが、2~3束まとめて買っていく人も。


開場15分後のほうれん草の様子。
あっという間に残りわずかとなっていました。
(この後、トラックから新しいほうれん草が追加されます)


植物工場 りっせんの出店。
クリーンルーム内で、農薬不使用のハーブ・野菜を育てているそうです。


ワサビリーフを買ったところ、
「ウチではルッコラと一緒にサラダにして食べてるよ」
とおっしゃっていたので、ルッコラも一緒に購入しました。

植物工場 りっせん公式Twitter

川越野菜を調理


メカジキのステーキ ガーリックバター醤油がけ。
ほうれん草のソテーとにんじんのマリネを付けました。
1かけらだけ、やたらと厚いニンニクがありますね…。


ワサビリーフとルッコラのサラダ ヨーグルトドレッシング和え。
りっせんの方がおっしゃっていた通り、2種を合わせてサラダにしてみました。
両方とも少しクセのある野菜ですが、一緒に食べることで相乗効果が生まれ、逆に食べやすい風味に!


ワサビリーフが少し残ってしまったので、他の食材と一緒に卵入りの野菜スープを作りました。

こちらは別日に作ったもの。

鶏の手羽元と大根のこってり煮です。
残ったほうれん草も合わせてみました。


大根のアップ。
水分が多くてしっとりとした大根だったので、今回は鍋に水を入れず、大根から出る水分だけで炊いてみました。
しっかりと味が染みていて美味しかったです。

毎月1回ペースで開催される公園朝市。
機会があればぜひ足を運んでみてください。
野菜の美味しい食べ方を農家さんから直接レクチャーしてもらえますし、お財布にも身体にも優しいのでおすすめですよ!

富築(水先)

埼玉県と美味しいもの・可愛いものが大好きなwebライター。川越在住。
蔵の町周辺をよくぶらついています。
そうだ埼玉.com公式ライター:記事一覧
掲載記事についてのコメント・仕事依頼・広告掲載依頼等、各種お問い合わせはこちらからお願いします。

Clip!

記事をクリップすると、「クリップした記事」ページから簡単にアクセスできるようになります。

-2. イベント・伝統行事に参加したい, 川越散策記
-

こんな記事も読まれています

川越観光 おすすめ名所巡り ~クレアモール中編~

川越散策第2回目は、クレアモールの後半部分です。

川越観光 おすすめ名所巡り ~身近な穴場!クレアモールの裏通り~

県下一の距離を誇る商店街、クレアモール。つい賑やかな表通りの方に目がいきがちですが、1本路地に入った通りにも色々な発見があるんです。

川越観光 おすすめ名所巡り ~クレアモール後編~

クレアモール終盤~大正浪漫夢通り入り口までをご紹介します。

小江戸 川越の雪景色。そして翌日の風景と市民による雪作品たち

2018年1月22日、本州を通過する低気圧の影響で、東京都心部でも20センチを超える大雪となりました。個人的な計測ですが、川越市も積雪25センチ超え。ここまで積もったのは2年振りです。 そんな雪の日の ...

おすすめ記事

1

川越観光の途中でぶらっと気軽に立ち寄れる、車不要で行けるカフェをご紹介します。 川越でうなぎや薩摩芋料理を食べるのも良いですが、おしゃれなカフェ空間でランチやおやつを楽しむのもおすすめですよ! また、 ...

2

ラーメン大好きな川越市民が選ぶ、駅周辺で食べられるおすすめのラーメン屋をご紹介します。 地元民だからこそ知っている情報も満載!

3

川越は徒歩で観光する人が多いためか、食べ歩き出来るお店がたくさんあります。 今回はその中でも、地元民の筆者お気に入りの食べ歩きフードをご紹介します!

4

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

Copyright© 川越 水先案内板 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.