川越市民が作る、小江戸川越の情報発信サイト

川越 水先案内板

川越観光 おすすめ名所巡り ~クレアモール後編~

投稿日:2015年7月10日 更新日:

クレアモール終盤~大正浪漫夢通り入り口までをご紹介します。

前回

川越観光 おすすめ名所巡り ~クレアモール中編~

川越散策第2回目は、クレアモールの後半部分です。

続きを見る

クレアモールの名甘味処が集合!

前回最後に登場した酒屋さんです。
酒屋さん
ここから数歩進むと出てくるのが「甘味処 川越 あかりや」。
あかりや外観
昭和13年に建てられたお店で、店内はとてもノスタルジック。
歩き疲れた方はこのお店で休憩しましょう。

あかりやと言えばあんみつです。
お餅は朝6時から杵でつき、小豆は北海道産のものだけを使用しています。
芋クリームあんみつ
画像引用元URL:http://www.kawagoesansaku.com/akariya/menu/index.html

水先的一押しは芋クリームあんみつですね。
せっかくの川越ですから、やっぱり芋は外せないでしょう。

その他、カレー南蛮うどんもお勧めです。
出汁が効いてて美味しいんですよねー…。

さて、さらにもう少し歩くと靴屋さん「神戸旅靴屋 小江戸川越店」が出てきます。
神戸旅靴屋
赤地に白い文字で「歩きやすい靴」と書かれた旗が目印です。

「何も川越に来てまで靴を買わなくても」
と思うかもしれませんが、ここの靴は結構良いものが揃ってるんですよ。
特に男物が良いですね。
webショップから配送可能なので、店舗で実物を見て、後でwebショップから配達してもらうと荷物にならなくて良いと思います。

・・・出ました。
知る人ぞ知る、「見える手作りパン屋」です。
みえるパン
何が見えるかって、アレですよ。アレ。
どうやら店主さんの奥様にはアレが見えるらしいんです。
あなたの身体に憑いているアレが…。

このお店でパンを買うと、奥様に色々占ってもらえるというサービスを受けられます!
観光の土産話のひとつとしていかがでしょうか。

和菓子屋「かなめや」です。
かなめや
かなめやの前を通ったら、焼き団子を買わないと損ですね!
何しろわざわざ県外からこのお団子を買いに来る人もいるくらいですから。

川越の焼き団子は醤油ダレ!醤油と炭の香ばしい匂いが食欲をそそります。

 川越市内には団子屋がたくさんあります。
かつて舟運による物資集積地として繁栄した川越には、日々力仕事に明け暮れる男たちがたくさんいました。彼らに力をつけさせるため、周辺で採れた米で団子を作る様になったのが、川越に団子屋が多い理由であると言われています。

関東圏の焼き団子と言えば「みたらし」ですが、昔から醤油作りも盛んだった川越では醤油ダレの焼き団子が主流。
香ばしく焼いた団子に醤油ダレを塗って、焦げ目がつくまでじっくりと焼きます。

そのため、焼き団子屋の前は香ばしい醤油の香りでいっぱいです。
思わず買わずにはいられない気分になってしまうので、団子屋の前は注意して通りましょう。

かなめやの焼き団子を確実に買いたい方は、出来るだけ早い時間に行きましょう。
お店の営業時間は10:00~18:00ですが、この焼き団子を10本単位でまとめ買いしていくお客さんが多いんです。
材料が無くなり次第閉店してしまうので、「絶対に食べたい!」という方はこのお店を最優先に観光しましょう。

かなめやから、さらに真っ直ぐ進んでいくと交差点にぶつかります。
道路
横断歩道を渡った先が大正浪漫夢通りです。

次回は丸々、大正浪漫夢通り編です。

Clip!

記事をクリップすると、「クリップした記事」ページから簡単にアクセスできるようになります。

-1. 川越の観光名所について知りたい, 川越散策記
-

こんな記事も読まれています

川越観光 おすすめ名所巡り ~身近な穴場!クレアモールの裏通り~

県下一の距離を誇る商店街、クレアモール。つい賑やかな表通りの方に目がいきがちですが、1本路地に入った通りにも色々な発見があるんです。

川越観光 おすすめ名所巡り ~クレアモール中編~

川越散策第2回目は、クレアモールの後半部分です。

おすすめ記事

1

川越観光の途中でぶらっと気軽に立ち寄れる、車不要で行けるカフェをご紹介します。 川越でうなぎや薩摩芋料理を食べるのも良いですが、おしゃれなカフェ空間でランチやおやつを楽しむのもおすすめですよ! また、 ...

2

ラーメン大好きな川越市民が選ぶ、駅周辺で食べられるおすすめのラーメン屋をご紹介します。 地元民だからこそ知っている情報も満載!

3

川越は徒歩で観光する人が多いためか、食べ歩き出来るお店がたくさんあります。 今回はその中でも、地元民の筆者お気に入りの食べ歩きフードをご紹介します!

4

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

Copyright© 川越 水先案内板 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.