川越で手焼きせんべい体験!「十人十色」で名人級の大きさにチャレンジ

更新日:

パリッとした食感、こんがりとした色、香ばしい風味……、せんべいってクセになりますよね。食べ始めると止まらず、「一枚だけ」と思っても、ついつい食べ過ぎてしまいます。

そんなせんべい、自分で愛情込めて焼き上げたものは、もっとおいしく感じると思いませんか?

今回ご紹介するのは、川越にある手焼きせんべい体験ができるスポット「十人十色」。スタッフさんがていねいに焼き方を教えてくれるので、せんべいを焼いたことがない初心者の方にもおすすめですよ。

それでは早速、レポートしていきます!

ライター:かしみん


運営者一押しの居酒屋リストはこちら >>

菓子屋横丁のなかにある手焼きせんべい体験施設「十人十色」

川越で手焼きせんべい体験!「十人十色」で名人級の大きさにチャレンジ

十人十色があるのは、本川越駅から歩いて15分ほどの場所。昔ながらのお菓子屋さんが並ぶ「菓子屋横丁」のなかに店を構えています。

川越の有名スポット「時の鐘」からは歩いて4分ほど。観光中に立ち寄りやすい場所にありますよ。

店内に入ると、せんべいを焼くかまどが並んでいます。早く焼きたい気持ちを抑え、まずは受付へ。

せんべいの生地3枚・ビニール袋・軍手のセットをもらいます。

1セット500円(19年10月1日から600円に変更)1セット600円というリーズナブルさがうれしいポイントですね。

せんべいは、しょうゆ味(白)・えだまめ味(緑)・えび味(ピンク)の3種類です。
※アレルギーがある場合は交換可能です。

受付を済ませたら、次はスタッフさんのせんべい焼き方講座。注意するポイントや大きく焼くためのコツをていねいに教えてくれますよ。

私も最初は「じょうずに焼けるか不安だなあ……」と思っていましたが、スタッフさんの説明を聞いて「自分にもできるかも」と安心しました!

いざ、せんべいの手焼きにチャレンジ!

ひと通りスタッフさんの説明を聞いたあとは、いざせんべいの手焼きにチャレンジ!レンガで作られたかまどで、1枚ずつじっくりと焼いていきます。

せんべいを焼くのに使うのは、先端が分かれている長い棒。焼いているとかなり熱くなるので、誤って触らないよう注意が必要です。

もし小さいお子さんと一緒に体験をする場合は、触れさせないよう十分気をつけてくださいね。

やけどをしないように軍手を2枚重ね、利き手ではない方の手につけたら、準備完了。いよいよ焼いていきましょう!

まずはせんべいの生地を長い棒の先端に挟みます。

せんべいの生地をかまどのなかに入れ、網から少し離したところで焼いていきます。「1…2…3…4」と4秒たったらひっくり返し、また「1…2…3…4」と4秒たったらひっくり返す。

その作業を続けていると、

せんべいの端っこがフニャフニャと変形し、柔らかくなるので、一旦かまどから取り出します。

次は、軍手をはめた手でせんべいを外し、長い棒で挟む位置をズラす作業。なぜズラすかというと、せんべいを均等に焼き上げるため。この作業をすることで、均等に熱が入り、おいしく仕上がります!

せんべいを挟む位置を変えたら、再びかまどのなかへ。

もう一度熱を加えると、あら不思議!せんべいの生地がどんどん広がっていくんです。数秒焼いていると、上に向かってクルリと丸まり始めるので、そしたらひっくり返します。

しばらくたつと、また上に向かってクルリと丸まるので、ひっくり返し……と繰り返していました。大きなせんべいを焼きたいなら、この作業が腕の見せどころですよ!

焦げる前にかまどから取り出し、棒で挟んでいて焼き目がついていない部分も焼くため、挟む位置をズラしていきます。

焼かれて硬くなっているので、慎重に作業をしていかないと……、

わたしのように、せんべいが割れてしまいます(途中までうまくいっていたのに残念……!)。なかなか難しいので、集中力が必要です。

割ってしまいましたが、品質に変わりはありません!気を取り直してせんべいを挟み直し、最後の仕上げに。

焼けていない部分を火であぶり、生地がポツポツとしてきたら完成です!

えだまめ味のせんべいが焼けたら、しょうゆ味とえび味のせんべいも焼いていきます。

長い棒でせんべいを挟み、

3秒ごとにひっくり返してあぶり、

柔らかくなったら、挟む場所をズラし、

焼きながらせんべいをどんどん大きくし、

納得のいく大きさになったら、もう一度挟む場所をズラし、

最後に、焼き目がついていない部分を中心に焼いたら……

完成です〜‼︎

(少し丸まってしまいましたが……)今度はしっかりときれいに焼けました!

あなたのせんべいの大きさランクは?

せんべいを全て焼き終わったら、袋に入れて受付まで持っていきます。

受付のスタッフさんがせんべいの大きさを測ってくれて、ランク付けしてくれますよ。大きさの基準は、以下の通り。

直径14cm以上の超人ランクは、なかなか出ないんだそう。「直径13cmまでのベテランランクの方が多いですよ!」とスタッフさん。

さて、わたしが焼き上げたせんべいのランクはいかに……?!

直径14cmまでの名人ランクでした!

その場で袋を閉じてもらえるので、おみやげとして持ち帰れるのがありがたいですね。

十人十色で手焼きせんべい体験を!

自宅まで待ちきれず、帰り道に早速焼きたてのせんべいを食べてみると、香ばしくてパリパリ。最初は硬くて平べったい生地だったのに、焼いたあとはふっくらと厚みが出ています。

自分がじっくり焼き上げたのもあって、いつも買うせんべいよりもおいしく感じました!

川越観光をするなら、十人十色に立ち寄って、手焼きせんべい体験をしてみてはいかがでしょうか?きっと、楽しくておいしい思い出になるはず。

十人十色 公式サイト

十人十色へのアクセス

JR・東武東上線「川越駅」or西武新宿線「本川越駅」から東武バス乗車、「一番街」下車、徒歩2分

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
かしみん

かしみん

ライター・編集者。散歩の時間と眠りにつく瞬間がだいすきです。人生のBGMはサザンオールスターズ。とろけるチーズは飲みものだと思って生きています。

-1. 川越の観光名所について知りたい, 川越散策記

Copyright© 川越 水先案内板 , 2019 All Rights Reserved.