まるひろ川越店 屋上ビアガーデンに行ってきました

投稿日:2016年7月11日 更新日:

この記事をスマホで見る
まるひろ川越店 屋上ビアガーデンに行ってきました

毎年恒例、丸広本店の屋上ビアガーデンでがっつり飲み食いしてきました。猛暑日でしたが、会場は日陰になっているのでとても涼しかったです。

まるひろ 屋上ビアガーデンとは

まるひろ本店の屋上で開催されるビアガーデン。
毎年5月中旬~9月末頃まで開催されています。
バイキング形式の飲み放題・食べ放題で、時間制限は特にありません。

ビールだけでなく、梅酒やワイン、各種リキュール類、ソフトドリンクも豊富。
カクテルの作り方が書かれたカードも用意されているので、お酒に詳しくない方でも自分でカクテルを作れます。

営業時間

月~金17:00~22:00
土・日・祝16:00~22:00

入場料(2017年度)

大人(2時間)2980円

未成年(保護者同伴が必須)

中学生以上1500円
小学生1000円
幼児(3才以上)
※お子様メニューあり
500円

お得なプランもあります!

レディスデー(2017年度は毎週火曜日)などのサービスプランも提供しています。

 

「まるひろ」とは

まるひろ 川越店
「まるひろ」は、株式会社丸広百貨店の略称です。
主に埼玉県西部地区に展開している百貨店で、川越店が本店となります。
maruhiroホームページ

ちなみに、多くの埼玉県民が、まるひろは全国チェーン店だと思っています。
東京にまるひろが無いことを知って驚愕するのは、埼玉県民の通過儀礼のうちの1つです。

ビアガーデンの様子

夫と一緒にサマータイムプランで参加しました。

入場口
とても分かりやすい入場口。
受付を済ますと、1人1個ずつ空ジョッキを渡されます。

会場直後の様子。
16:00くらい
既に結構人が来ていました。
この人たちは一体何時から来ていたんだろう…。

バイキング形式
料理はバイキング形式です。
サラダやあげもの、煮ものなど、想像以上に充実していました。
メニューは月毎に変わります。

飲み物
飲み物もセルフ。
Heineken®のエクストラコールドやキリン一番搾り、ワイン、リキュール、ソフトドリンクなどが充実しています。
ビールが飲めない人でも大丈夫!

梅酒とブルーベリー酒
梅酒とブルーベリー酒の瓶です。
下のカードには、おすすめの割り方が書かれています。

COEDOビール
川越の地酒COEDOビールのサーバー。2016年度から導入したそうです。
瑠璃と毬花が置かれていました。
毬花
レアな毬花があるのはちょっと嬉しいですね!
(基本的に毬花は店頭で売られていません。イベント限定商品です)

ごはん一皿目。
サラダ・焼きそば・フライドポテト
お皿が紙皿ではなく、ちゃんとしたお皿だったことにちょっと驚きました。
箸や先割れスプーンは使い捨てでした。

ごはん2皿目。
枝豆・磯部揚げ・串カツ・じゃがバター・シュウマイ・ザンギ
シュウマイ美味しかったです。
枝豆が人気で、みんな山盛り取っていました。

17:00~17:30の様子。
17:00過ぎ
だいぶ人が増えてきました。

ごはん3皿目。
卵焼き・筑前煮・フライドポテト・たこ焼き・サラダ
卵焼きは出汁がよくきいていました。
たこ焼きはイマイチだったかも…。

締め!
カレーライス
見ての通りカレーライスです。
この他にも焼きカレーや冷やしうどんなどがありました。

デザート類。
デザート
スイカやフルーツポンチ、プチシュー(+トッピング類)などがありました。
プチシューが男女問わず大人気でした!

写真以外にもまだまだたくさんの料理が用意されていました。
追加料金で食べられるオプションメニューなどもあります。

制限時間の18時頃の様子。
18時頃
このくらいの時間から一気に人が集まり始めました。

 

今回は2時間制のサマータイムプランで参加しましたが、思っていた以上に料理や飲み物が充実していたので、2時間ではちょっと物足りない感じがしました。

料理だけでなく、お酒もセルフサービスというのが気軽で楽しかったです。
夫とは「近いうちにまた来よう!」と話しています。

  • この記事を書いた人

富築(水先)

埼玉県と美味しいもの・可愛いものが大好きなwebライター。川越在住。
蔵の町周辺をよくぶらついています。
そうだ埼玉.com公式ライター:記事一覧
掲載記事についてのコメント・仕事依頼・広告掲載依頼等、各種お問い合わせはこちらからお願いします。

-2. イベント・伝統行事に参加したい, 川越散策記
-, , ,

Copyright© 川越 水先案内板 , 2018 All Rights Reserved.