川越市民が作る、小江戸川越の情報発信サイト

川越 水先案内板

ヤオコーのおはぎに新種が登場していたので食べてみた件

投稿日:2015年6月30日 更新日:

前回書いた「ヤオコーのおはぎとカツサンドがガチで美味い件」が想像以上に好評だったため、続報を書くことにしました。

ヤオコーのおはぎとカツサンドがガチで美味い件

ヤオコーの広告の最下部真ん中付近~右端によく掲載されている、あのおはぎとカツサンドです。

続きを見る

新種おはぎは「十六穀米おはぎ」と「焙煎くるみおはぎ」

先日、ヤオコーのおはぎ売り場に行ってみたところ、見慣れないパッケージのおはぎを発見。

十六穀米おはぎと
十六穀米パッケージ

焙煎くるみおはぎ。
焙煎くるみパッケージ

実は前回の記事で「絶対また買う」と書いていた薩摩芋おはぎが食べたかったんですが、もう売っていなかったです…。この焙煎くるみおはぎと交代してしまった様ですね。
ちょっと残念ですが、今回はこのおはぎ達を買うことにしました。

早速、蓋を空けてみます。
十六穀米蓋無し

焙煎くるみ蓋無し
焙煎くるみの方からは、「焙煎」の名に恥じぬ芳ばしい香りが漂ってきます。

さて、まずは十六穀米おはぎを一刀両断。
十六穀米おはぎ一刀両断

【参考画像】こちらがノーマルタイプのおはぎの断面。
ノーマルおはぎ

やっぱりお米の色が違いますね。
十六穀には何が含まれているのかというと…
十六穀内訳
もち玄米、もち赤米、丸麦、はだか麦、胚芽押麦、発芽玄米、もち黒米、もち麦、もちきび、ハト麦、青大豆、もちあわ、黒大豆、小豆、ひえ、とうもろこし

マンナン。

食べてみると確かに「つぶつぶ食感」。ノーマルタイプよりもお米に存在感があります。
でも、お米特有の甘みはあまり感じませんでしたね。むしろ少ししょっぱめかも。

続いて焙煎くるみです。
焙煎くるみ断面
包丁でおはぎを切った時に思いました。
「重っ!包丁が重い!」

…私が非力ということではないですよ。
おはぎの中のもち米が包丁を放してくれなかったんです。

ノーマルタイプのものとは、もち米の粘り気具合が全く違うんですよ。焙煎くるみの方が、比較にならないくらい粘り気が強い。恐らく、もち米の周りに粉状のくるみを付けなければいけないためでしょう。

焙煎くるみおはぎは結構甘かったです。くるみがかなり甘い味付けになっていましたね。
甘いモノが苦手な人にはちょっと不向きかもしれません。
(ちなみに私は甘いものが苦手です)

今のところ、私としては

1位:ノーマルおはぎ
ノーマルおはぎ

2位:ずんだおはぎ
ずんだおはぎ

3位:薩摩芋おはぎ
薩摩芋おはぎ

4位:十六穀米おはぎ
十六穀米おはぎ一刀両断

5位:焙煎くるみおはぎ
焙煎くるみ蓋無し

ですね。

あくまで私の超個人的な感想です。
甘党の人が食べたら、また違う感想になるのかもしれません。

 

いやしかし、薩摩芋おはぎリバイバルしないかなー…。

Clip!

記事をクリップすると、「クリップした記事」ページから簡単にアクセスできるようになります。

-4. ヤオコーのおすすめ商品は?, 川越散策記
-

こんな記事も読まれています

【川越パンマルシェ】パン屋が大集合!美味しく幸せなひと時を

2017年5月28日、小江戸蔵里で「川越パンマルシェ 2017」が開催されました。

ヤオコーのおはぎとカツサンドがガチで美味い件

ヤオコーの広告の最下部真ん中付近~右端によく掲載されている、あのおはぎとカツサンドです。

川越パンマルシェ 2016 に行ってきました

川越市内外のパン屋さん20店舗+雑貨屋さん2店舗が集まった「川越パンマルシェ 2016」。 あまりの人の多さに心が折れそうになりましたが、たくさんの美味しいパンと出会うことが出来ました!

ヤオコーおすすめ惣菜パン 手作りカレーパンは食べておくべき!

数あるヤオコーオリジナルブランドの中でも、私が特におすすめしたいのが、今回ご紹介する「手作りカレーパン」を始めとしたカレーパンシリーズです。 紹介したところで私には一銭も入ってきませんが、おはぎとカツ ...

ヤオコーの自社製粒あんで水羊羹を作ってみた

2017年のお正月頃から、ヤオコーでは「自社製粒あん」を販売するようになりました。 今回はそのあんこを使って羊羹を作ってみたお話です。

おすすめ記事

1

川越観光の途中でぶらっと気軽に立ち寄れる、車不要で行けるカフェをご紹介します。 川越でうなぎや薩摩芋料理を食べるのも良いですが、おしゃれなカフェ空間でランチやおやつを楽しむのもおすすめですよ! また、 ...

2

ラーメン大好きな川越市民が選ぶ、駅周辺で食べられるおすすめのラーメン屋をご紹介します。 地元民だからこそ知っている情報も満載!

3

川越は徒歩で観光する人が多いためか、食べ歩き出来るお店がたくさんあります。 今回はその中でも、地元民の筆者お気に入りの食べ歩きフードをご紹介します!

4

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

Copyright© 川越 水先案内板 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.