川越市民が作る、小江戸川越の情報発信サイト

川越 水先案内板

日光・久能山・仙波。日本三大東照宮の1つ、仙波東照宮とは

投稿日:2016年2月26日 更新日:

喜多院の境内にあるものの、ほとんど人気の無い仙波東照宮。でも、歴史的には結構貴重なスポットなんです。

仙波東照宮とは

日光・久能山と並ぶ、日本三大東照宮の1つです。

元和2年(1616年)に徳川家康公が没し、その遺骸を久能山(静岡)から日光(栃木)に移送する際、一行は喜多院に4日間留まり、家康公の供養を行いました。
法要は、家康公の信任が厚かった天海僧正によって営まれたそうです。

天海僧正:
喜多院第27世住職。
徳川家康公から大変信頼されており、顧問的な存在でした。
家康公の没後は、秀忠公、家光公に仕えていました。

そのことから、寛永10年(1633年)には喜多院の境内に立派な東照宮が創建されました。

しかし、そのわずか5年後の寛永15年(1638年)。
「寛永の大火」という大火事によって、東照宮や喜多院、中院、南院、城下町の大半が焼失してしまったのです。
3代将軍徳川家光公は直ちに寺院の再建を命じました。

現在の仙波東照宮は、寛永17年(1640)に再建されたものです。

仙波東照宮の入り口である随身門(ずいしんもん)から最深部の本殿まで、全てが国の重要文化財に指定されています。

アクセス

境内の散策

住宅街の隙間にナチュラルに存在していますが、国の重要文化財です。
仙波東照宮

随身門。
随身門
大昔は、後水尾天皇の御染筆「東照宮大権現」の額が掲げられていたそうです。

石鳥居も国の重要文化財です。
石鳥居
寛永15年の再建時に造営奉行の堀田正盛が奉納したもので、柱には「東照大権現御宝前、寛永十五年九月十七日堀田加賀守従四位下藤原正盛」の銘文が刻まれています。

石鳥居の先には、ちょっと長い階段が待っています。
長い階段
階段の途中から撮影。結構急です。
階段の途中から

階段を登りきると葵の家紋があります。大河ドラマで毎週見ていたあのマークです。
葵の家紋

拝幣殿に着きました。
拝幣殿
仙波東照宮の本殿は、さらにこの奥にあります。

重要文化財の平唐門(ひらからもん)と瑞垣(みずがき)。
平唐門と瑞垣
石灯籠は歴代の川越城主が奉納したもので、松平信綱や柳沢吉保などの名が刻まれています。
そして、奥に見える建物が本殿です。
本殿には木造の徳川家康公像が祀られているらしいのですが、残念なことに一般人はこれ以上中に進むことは出来ません。
ごく稀に拝殿の内部を公開している時もありますが、それでも本殿には近づけません。

 

階段を降りて左手側に、休憩処があります。
休憩処

この店の脇を真っ直ぐ進めば喜多院に着きます。
喜多院への道

喜多院・中院・南院(廃寺)、そして仙波東照宮の関係

View in a full screen map

かつて喜多院周辺の寺院は、喜多院(北院)・中院・南院の三支院で構成されていました。

当初、中院は現在の仙波東照宮の位置にありました。
しかし徳川家康公の死後、喜多院境内に仙波東照宮を創建するため、中院は現在の場所に移転したのです。

南院は明治初頭に廃寺となりました。
現在は「南院跡地」として、石碑や石仏が雑然と置かれているだけです。
跡地の看板には「明治二年神仏分離令蒙(?)余波」とあり、明治2年に起きた神仏分離令による、廃仏毀釈運動の影響で廃寺となったことが読み取れます。

神仏分離:神道と仏教との区別を明確するための宗教政策。
廃仏毀釈運動:神仏分離による、寺院・仏像・仏具の破戒運動。

南院跡地

跡地の看板

思わず素通りしそうな跡地ですが、ここには確かに南院があったのです。

徳川家ゆかりの地 喜多院と、伝説の七不思議めぐり(前編)

「川越大師」として市民に親しまれている喜多院。喜多院と喜多院にまつわる七不思議の謎に迫ります。

続きを見る


島崎藤村 茶道の師、“不染”。中院に籠められた想い

喜多院のすぐ近く、静かに佇む「天台宗別格本山 中院」。実は文豪・島崎藤村ゆかりの地であり、狭山茶発祥の地でもあるんです。

続きを見る

Clip!

記事をクリップすると、「クリップした記事」ページから簡単にアクセスできるようになります。

-1. 川越の観光名所について知りたい, 川越散策記
-

こんな記事も読まれています

川越、秋の風景。観光スポットの紅葉を集めました

埼玉で紅葉といえば秩父や長瀞が有名ですが、川越市内でも趣のある秋の風景を楽しむことができます。今回は観光エリア内で見られる、秋らしい写真を集めました。いずれも17年の11月中旬~下旬にかけて撮影してい ...

全部めぐれば無敵になれる!川越願いごとめぐり③

健康・富・学業・ご縁にご利益のある寺社をめぐる「川越願いごとめぐり」。最後は喜多院周辺の寺院をめぐります。

関東は川越江戸桜。川越・桜の名所めぐり

目次1 川越桜めぐり名所マップ2 喜多院3 仙波東照宮4 中院5 光西寺6 精進場橋7 弁天橋8 川越城本丸御殿9 三芳野神社10 初雁球場11 氷川神社と新河岸川の誉れ桜12 田谷堰(たやぜき)13 ...

おすすめ記事

1

川越観光の途中でぶらっと気軽に立ち寄れる、車不要で行けるカフェをご紹介します。 川越でうなぎや薩摩芋料理を食べるのも良いですが、おしゃれなカフェ空間でランチやおやつを楽しむのもおすすめですよ! また、 ...

2

ラーメン大好きな川越市民が選ぶ、駅周辺で食べられるおすすめのラーメン屋をご紹介します。 地元民だからこそ知っている情報も満載!

3

川越は徒歩で観光する人が多いためか、食べ歩き出来るお店がたくさんあります。 今回はその中でも、地元民の筆者お気に入りの食べ歩きフードをご紹介します!

4

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

Copyright© 川越 水先案内板 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.