川越市民が作る、小江戸川越の情報発信サイト

川越 水先案内板

肉食べ放題!アトレマルヒロ屋上 ジンギスカンビヤガーデンへ行ってきました

投稿日:

毎年春~秋頃まで、川越駅近くのアトレマルヒロ屋上では、ジンギスカンビヤガーデンを実施しています。

ジンギスカン ビヤガーデン概要

毎年4月中旬~9月末頃まで開催している、飲み食べ放題のイベントです。

平日は夕方~夜まで(ディナータイム)、土日祝日はランチとディナー営業をしています(7月、8月はランチ営業なし)。
時間制限は、ディナータイムが120分、ランチタイムは90分です。

ノンアルコールの飲み物も用意されているので、未就学児でも入場できます。

※料金等は年によって変わる可能性があります。詳細はアトレの扉・館内にあるチラシをご確認ください。

アクセス

JR・東武東上線「川越駅」から徒歩1分。
会場は、アトレマルヒロの屋上。

もりもり食べます

本日は夫とジンギスカンランチです。
(ディナーもだいたい同じ様子です)

エレベーターで屋上へ。

屋上へ続くエレベーターは、川越駅側の2台のみです。
クレアモール側のエレベーターでは屋上に行けないので注意。


2017年度のディナータイムの料金表。
ランチはこれよりも500円~1000円ほど安いです。


受付でお金を払うと、席へ案内されます。
終了予定時間を無視して居座っていると、延長料金が発生するそうです。


会場の様子。
夫婦やカップルなどの2人連れが大半でしたが、女性1人で来ていた方もちらほら。


肉や野菜、おつまみ、お酒はほぼ完全にセルフサービスです。


FOODコーナーの係員に声をかけると、野菜が盛られた大皿をもらえます。


肉はかなり種類豊富。
生ラム・塩カルビ・牛カルビ・塩こうじ漬け・もみだれ・塩だれ…などが用意されています。
一通りたべましたが、我が家で好評だったのは、もみだれと生ラムです。


夫がこだわりのフォーメーションで肉を焼きだしたので、暇な私はサイドメニューを作りに行きました。


FOODコーナーの完全セルフサービスエリア。
サラダやポテト、唐揚げなどが取り放題です。


フレッシュ野菜+海藻サラダ+マカロニサラダ。


枝豆。


肉・揚げ物。

つい食べ物に夢中になってしまい忘れていましたが、お酒も持っていきましょう。

ジョッキの保冷ボックス。
しっかり冷えてます。


ビールサーバー。
人気のビールが揃っていました。


大きなクーラーボックスの中には氷がぎっしり。


日本酒や焼酎、果実酒はパックと瓶で提供。
その場でブレンドして、オリジナルカクテルも作れます。


(手前)サワーやウーロンハイなど
(奥)ノンアルコールドリンク
手前側は、アルコールボタン押下→各フレーバーのボタン押下 という2ステップを踏む必要があります。
いきなり各フレーバーのボタンを押しても、アルコールは出てきません。


赤・白のワインもあります。
これを使ってカクテルを作るのもアリ。


席に戻ると、肉が良い感じに焼けてきていました。
ガンガン食べましょう!


FOODコーナーには白米とカレーもあります。
やっぱり〆はカレーですね!


女性に人気のデザートコーナー。
お皿もこの中で冷やされています。


色々取りましたが、肉を食べた後はライチやゼリー、パイナップルのようなさっぱりしたものが美味しいですね。
ケーキはちょっと辛かったです…。


終了時間が近づいてくると、係員が声をかけてくれます。
「延長なし」を伝えたら、料金は前払い済みなので、そのまま退席。

 

アトレの方達には大変失礼なのですが、予想以上にお肉が美味しくてびっくりしました。
サイドメニューやドリンクも充実しているので、全然食べ飽きません。
大人から子どもまで安心して楽しめる、ジンギスカンビヤガーデンでした。

Clip!

記事をクリップすると、「クリップした記事」ページから簡単にアクセスできるようになります。

-2. イベント・伝統行事に参加したい, 川越散策記
-,

こんな記事も読まれています

熊谷と何が違う?川越が日本一暑いかもしれない原因・理由とは

2017年5月末、首都大学東京(以下、首都大)の研究チームの観測により、「川越市が日本一暑い街であるかもしれない」ということが分かりました。 とはいえ、「何で川越?盆地でもないのに…」「何言ってんだコ ...

第26回小江戸川越花火大会2016 満喫するための7つのポイント

埼玉県内外からたくさんの人が集まる小江戸川越花火大会。安比奈親水公園会場は視界を遮るものが何も無いので、どこからでも綺麗な花火を観ることが出来ます。

【エコプロダクツ川越】夏休みは親子で楽しく3Rを学ぼう!

2017年7月23日、川越市の環境プラザ「つばさ館」で、市の環境への取り組みを体験できる「エコプロダクツ川越2017」が開催されました。

第27回小江戸川越花火大会2017 開催日・アクセス・穴場スポットは?

毎年じわじわと規模を拡大している小江戸花火大会。今年は市の東側、伊佐沼会場で開催されます。 目次1 小江戸川越花火大会の規模2 2017年 小江戸川越花火大会の日程と開催場所3 有料観覧席4 伊佐沼会 ...

暑い夏の納涼に!地元民一押しの川越ご当地アイス・かき氷リスト

真夏の川越観光エリアは、気温35度以上、湿度50%以上になります(平成27年度市民環境調査 気温等観測調査報告より)。 そんな暑い日は、冷たくて美味しいアイスを片手に、街中散策を楽しんでみてはいかがで ...

おすすめ記事

1

川越観光の途中でぶらっと気軽に立ち寄れる、車不要で行けるカフェをご紹介します。 川越でうなぎや薩摩芋料理を食べるのも良いですが、おしゃれなカフェ空間でランチやおやつを楽しむのもおすすめですよ! また、 ...

2

ラーメン大好きな川越市民が選ぶ、駅周辺で食べられるおすすめのラーメン屋をご紹介します。 地元民だからこそ知っている情報も満載!

3

川越は徒歩で観光する人が多いためか、食べ歩き出来るお店がたくさんあります。 今回はその中でも、地元民の筆者お気に入りの食べ歩きフードをご紹介します!

4

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

Copyright© 川越 水先案内板 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.