京都・浅草だけじゃない!小江戸川越 七福神めぐりに挑戦しよう(後編)

投稿日:2016年1月9日 更新日:

小江戸川越の七福神めぐり後編です。

2ページ目
1 ⑤福禄寿神 蓮馨寺
2 ⑥布袋尊 見立寺
3 ⑦弁財天 妙昌寺
3ページ目
1 【寄り道】ランチ・おやつのおすすめ店
2 七福神めぐりを終えて

「七福神めぐり」について

  • 概要
  • いつ行けば良いか
  • 所要時間
  • 七福神めぐりの楽しみ方(御朱印・スタンプ・各種イベントや秋の七草)

については、前編で解説しています。

川越 七福神めぐりマップ

川越駅東口→妙善寺→天然寺→喜多院→成田山→蓮馨寺→見立寺→妙昌寺→川越駅東口

スタンプラリーの続きは成田山から

①妙善寺、②天然寺、③喜多院
については前編をご覧ください。

喜多院
喜多院の次はすぐそばの成田山へ向かいます。

土産物売り場
土産物売り場の脇にある口から出ます。

成田山へ
この道を真っ直ぐ歩けば、すぐに次の成田山に着きます。

④恵比寿天 成田山

成田山
お経がパンクというかメタルというか。ヘドバンだー!!って感じでした。あれは絶対に眠くらない。

恵比寿天とご利益

恵比須天
福の神の代表的存在、恵比寿天。農村では「田の神」、街では「市神」として、人々から深い信仰が寄せられている神様です。

ご利益

漁業・農業・商売繁盛・清廉

成田山

成田山
正式名称は「川越別院成田山本行院」です。千葉県成田市にある大本山成田山新勝寺の別院にあたります。
真言宗密教に属しており、本尊は不動明王です。
創建は嘉永6年(1853年)。
福寿殿には恵比須天と一緒に大黒天も祀られています。恵比須天が悪縁を退け、大黒天が良縁を結ぶと言われているためです。

成田山の見どころ

開山堂

開山堂
成田山川越別院の開祖、石川照温上人の御尊像が置かれています。
石川照温上を失明から救った不動明王の徳にあずかり、開山堂には「め」の絵馬が多く掛けられています。

秋の七草 撫子


撫子イメージ
撮影者:きうこ

子供や女性に例えられることが多い撫子。和歌などにも頻繁に登場する可憐な花です。
6月~8月にかけて、撫子色(淡い紅色)の花を咲かせます。
花言葉は「貞節」。

「なでしこが花見る毎にをとめらが ゑまひのにほひ思ほゆるかも」万葉集巻十八 大伴家持
(撫子の花を見る度に、愛しい少女の笑顔の美しさが思われてなりません)

スタンプ

スタンプ
鯛の形してますね。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

富築(水先)

埼玉県と美味しいもの・可愛いものが大好きなwebライター。川越在住。
蔵の町周辺をよくぶらついています。
そうだ埼玉.com公式ライター:記事一覧
掲載記事についてのコメント・仕事依頼・広告掲載依頼等、各種お問い合わせはこちらからお願いします。

-2. イベント・伝統行事に参加したい, 川越散策記
-, , , ,

Copyright© 川越 水先案内板 , 2018 All Rights Reserved.