川越市民が作る、小江戸川越の情報発信サイト

川越 水先案内板

土蔵造りの美術館、山崎美術館。龍虎図屏風・橋本雅邦の生涯に触れる

投稿日:2016年4月13日 更新日:

川越の老舗和菓子店「龜屋(亀屋)」の一角にある、土蔵造りの美術館です。

山崎美術館とは

山崎美術館 外観
山崎美術館は、「亀屋中興の祖」と呼ばれる四代目・山崎嘉七(豊)の生誕150年を記念して、1982年(昭和57年)にオープンしました。
館内には山崎家に代々伝わる美術品や工芸品の数々が展示されています。

美術館は「亀屋」本店の一角に建つ蔵を利用しており、建物自体にも一見の価値があります。

開館時間午前9時半~午後5時(入館は午後4時半まで)
休館日木曜日(祝祭日の場合は開館)
入館料大人500円、高校・大学生350円、小中学生300円、障碍者割引あり
日曜祝日は小中学生 無料

アクセス

美術館の様子

山崎美術館 外観
大正浪漫通りから見た山崎美術館。
真っ黒の大きな蔵が目印です。
この入り口から「あら、何かしら?」と中を覗き込んでは、「何だかよく分からないわね。そんなことより時の鐘見に行きましょ!」と立ち去ってしまう観光客さんをよく見かけます。

春季展
この日は春季展でした。
季節毎に「新春展」「初夏展」「爽秋展」「師走展」などがあります。
展示物はその時々で変わりますが、川越を代表する絵師・橋本雅邦による作品は一年中展示されています。

入り口
建物に足を踏み入れると、ちょっと洞窟っぽい場所に出ます。
右側に受付があります。
係りの人がいない場合は、さらに奥の扉の向こうか、休憩所にいるはずです。

館内 廊下
館内は撮影禁止。休憩所まわりのみ撮影OKということでしたので、美術作品については一切撮影しておりません。
ここで少し、山崎美術館のメインである橋本雅邦について触れておきましょう。

橋本雅邦の最高傑作「龍虎図屏風」

竜虎図 (左隻)

竜虎図 (右隻)
出典:wikipedia

この絵は見たことのある人も多いのではないでしょうか。
1895年(明治28年)に描かれた橋本雅邦の代表作です。
洋画の遠近法の技法を取り入れており、日本画の革新に貢献しました。

橋本雅邦とは

雅邦の父・橋本晴園は、川越藩お抱えの絵師でした。
雅邦は幼少期より父から絵の手ほどきを受け、11歳で狩野雅信に師事、26歳で独立を果たします。
しかし、時代は幕末の動乱期。
絵の需要はほとんど無く、雅邦は扇の絵を描くなどの内職で家族を養っていました。

Hashimoto_Gaho_002
白雲紅樹
出典:wikipedia

転機となったのは、明治初頭に起きたアーネスト・フェノロサ(アメリカの東洋美術史家)による伝統絵画の復興運動でした。
以降、雅邦は精力的に作品作りに取り組み、明治23年には東京美術学校の絵画科の主任となります。
さらに同年、帝室技芸員のメンバーに選出され、雅邦は名実ともに絵画界の最高位に登り詰めました。

※東京美術学校:
現在の東京芸術大学の前身にあたる学校。
戦後の国立学校設置法に伴い、「東京美術学校」と「東京音楽学校」が統合され、「東京芸術大学」が設立されました。

亀屋と橋本雅邦の繋がり

「亀屋」山崎家4代目・山崎豊は、商業や産業だけでなく、教育に関しても熱心な人でした。
彼は志義学校の創設に尽力する傍ら、雅邦らが発足した「画宝会」の幹事として、芸術家たちのサポートも行っていました。
特に川越藩士である雅邦とは交流が深く、経済的な支援もしていたそうです。

山崎豊は雅邦から受けた作品を全て大切に保管しました。
それらは現在も山崎家の手によって、大切に守られています。

休憩所
館内を一通り見て回った後は、こちらの休憩所でお茶とお茶菓子を頂けます。
座敷
奥の座敷でも休憩出来ます。

亀の最中
亀屋の「亀の最中」を頂きました。
こし餡とつぶ餡があります。
個人的にはこし餡の方が好みです。

重厚な窓
天井の隙間から覗く重厚な窓。

休憩所の展示物
休憩所にも様々な展示物があります。

出口
こちらが出口です。

通路
薄暗い通路を抜けると・・・
亀屋本店
亀屋本店のココに出ます。

駐車場
美術館に隣接している駐車場。
4台まで駐車出来ます。
車が停まっているところをほとんど見たことがないので、ほぼ確実に駐車出来ると思います。
というより、ここを駐車場だと認識していない人が多い様な気がします。

このエリアのお勧めランチスポット

小江戸 オハナ

玉子焼きや親子丼、玉子サンドが美味しい、玉子料理のお店です。

小江戸 オハナ 外観
山崎美術館のすぐお隣にあります。

店内
店内は狭め。
ランチ時にはすぐ満席になります。

親子丼
一番人気の親子丼。
オハナと言えばこの親子丼です。
以前はオムライスもあったんですが、今は作っていないそうです・・・。

親子丼専用 七味
甘いタイプの親子丼です。
味を変えたい場合は、テーブルに置かれている「親子丼専用 七味」を使ってください。
味が引き締まります。

オハナでは玉子焼きや玉子サンドをテイクアウト出来ます。
食事の注文時に一緒に頼んでおけば、待ち時間無く受け取れます。



今回は玉子焼き(2人前)をテイクアウト。



出汁でタプタププルプルです。
食べてみると、さらに出汁が中からジュワーっと染み出してきます。
かなり食べ応えがありますよ。

Clip!

記事をクリップすると、「クリップした記事」ページから簡単にアクセスできるようになります。

-1. 川越の観光名所について知りたい, 川越散策記
-, ,

こんな記事も読まれています

和洋折衷、洋風クラシカルなインテリアが新しい!旧山崎家別邸

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

旧山崎家別邸の2階を見学してきました

2017年3月25日、旧山崎家別邸の一般公開1周年を記念し、通常は非公開となっている母屋の2階部分が特別に公開されました。

川越観光 おすすめ名所巡り ~蔵造りの町前編~

いよいよ川越観光のメインスポット、蔵造りの街並みへと突入します。

贈れば必ず喜ばれる!川越・埼玉名産ギフトまとめ①

冠婚葬祭・季節のイベントなど、社会人になるとちょっとした一品を贈る機会が多くなるものです。そんな時、真っ先に候補に挙がるのは地元の名産品ですよね。今回は川越や埼玉の数ある名産品の中から、贈って必ず喜ば ...

おすすめ記事

1

川越観光の途中でぶらっと気軽に立ち寄れる、車不要で行けるカフェをご紹介します。 川越でうなぎや薩摩芋料理を食べるのも良いですが、おしゃれなカフェ空間でランチやおやつを楽しむのもおすすめですよ! また、 ...

2

ラーメン大好きな川越市民が選ぶ、駅周辺で食べられるおすすめのラーメン屋をご紹介します。 地元民だからこそ知っている情報も満載!

3

川越は徒歩で観光する人が多いためか、食べ歩き出来るお店がたくさんあります。 今回はその中でも、地元民の筆者お気に入りの食べ歩きフードをご紹介します!

4

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

Copyright© 川越 水先案内板 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.