川越市民が作る、小江戸川越の情報発信サイト

川越 水先案内板

豪華賞品が当たるかも!?喜多院&成田山川越別院の節分会

投稿日:

毎年2月3日には、喜多院と成田山川越別院で節分会(せつぶんえ)が開催されます。

喜多院と成田山川越別院の節分会は、両方に参加が可能!

節分は2月3日ですから、当たり前といわれればその通りなのですが、節分イベントは2つのお寺で同日に開催されます。
ただ、事前に公表されるプログラムではほぼ同時刻に豆まきが始まることになっているため、「どちらかは諦めないといけないんだ・・・」と思ってしまっている方も多いようです。

しかし、その点は2寺とも考慮しているので安心してください。
参拝客が両方の節分会に参加できるよう、微妙に時間をずらして豆まきをスタートしてくれます。

2018年は、喜多院の豆まきが終了し、参拝客が成田山川越別院の境内に移動するのを待ってから、成田山側の豆まきが始まりました。

喜多院と成田山川越別院の位置関係

ポジショニングが悪くても諦めないこと!

喜多院では連続2回、成田山川越別院では1時間の休憩を挟んで計2回、豆まきが行われます。
ですから、1回目の豆まきで良いポジションが取れなかったとしても、そこで諦めないでください。
特に喜多院の方は、1回目が終わった途端に人の波が一度引くので、そのタイミングですかさず前に躍り出ましょう!

喜多院の節分会の様子

喜多院の節分会は12時から始まります。

まずは年男が集まり、記念撮影。
年男は女性もOKです。

その後、年男の護摩祈願が行われ、「大師の功徳を豆という形でみんなに分ける」ため、年男たちが壇上から豆をまきます。(13時20分頃~)



参道にはだるまや野菜の出店が出ていました。


豆まき開始30分前の様子。
皆さんやる気満々です。
左側の壇上から福豆の入った小袋が投げられます。


境内はもはやお祭りモード。


本堂のある階段上で豆を待っていた人も大勢いたのですが、残念ながら安全上の理由で階段の方には豆が来ません・・・。


年男たちの開運厄除の護摩祈願が終わり、豆の袋を持った男性たちがぞろぞろと出てきました。


まずは川越市長さんの挨拶です。

喜多院の節分会に参加するのは初めだったそうで、前々日には常連の人に会の様子をリサーチしていたとか。


ついに豆まきが始まりました!

喜多院の豆まきは「福は内」だけで、「鬼は外」は唱えません。
これは、「鬼は仏教を守護する仏の一部であり、私たちの邪な心を目覚めさせるため、仏が姿を変えたものだから」という教えに由来しています。

また、「悪いものを追い出してしまえ!」と考えるよりは、そもそも「悪いことが起きたり棲みついたりしないように、信仰を持って日々を過ごすことこそが大切だ」という理由からも、「福は内」とだけ唱えることにしているそうです。


福豆を求める人々。
煩悩しかないですね!


2回戦から参加し、福豆を6袋ゲットしました。



今回、私は取れませんでしたが、福豆だけではなく「おふだ」もまかれます。
ただし、ペラペラなので、最前列で身構えていないと絶対に取れません。
上の写真は見事ゲットに成功した、とてもパワフルなお婆さんたちに撮らせていただきました。

成田山川越別院の節分会「節分会 追儺豆撒き式」の様子

成田山川越別院の豆まきは、13時と15時の2回に分けて行われます。

この豆まきには、煩悩の塊でしかない人たちも大勢参加しているので、覚悟しておいてください・・・。
なぜなら、こちらの福豆には当たり券が付いており、旅行券や電化製品などの豪華賞品をゲットできる可能性があるからです!

喜多院の豆まきとは比べ物にならないほど熱気に満ち溢れているので、転倒やぶつかり合いによるケガには十分に注意してください。


喜多院の豆まき終了後、人の波がぞろぞろと成田山の方へと向かっていきます。


中には帰ろうとしていたものの、「あれ、こっちでもやってるじゃん!」とふらっと参加する人たちも。


台のまわりは大混雑。
普通に歩くのも一苦労です。


本堂の階段そばに、どうにか陣取れました。
山伏たちがほら貝を吹きながら登場します。
一瞬で張り詰めた空気に変わりました。


年男たちによる豆まきがスタート!
投げられるものは、福豆の小袋とお菓子類です。
力いっぱい投げてくれるので、かなり遠くまで届きます。


文字通りの激闘の末に、福豆とお菓子をゲット。


福豆の袋の中には、小さなあられも入っていました。


豆まき終了直後の境内。
2時間後の2戦目に備えて、既にスタンバイしている人も・・・。


「全然取れなかったよー」「当たらなかったぁ!」など、色々な会話が聞こえてきました。
人数を考えると、私が3つもゲットできたのはかなり運が良かったのかもしれません。

福豆をキャッチする自信がない人へ

「自分は球技が下手だから、福豆を取れる気がしない」と思っている人は少なくないはず。

でも、安心してください。
人の波でもみくちゃにされるので、球技が得意な人でも取れません!
球技の得手・不得手は、もはや関係ないのです。

また、空中戦で勝てなくても、みんなが取り逃した“おこぼれ”を狙ってかき集めていく、という戦法もあります。
背の低い人は、こちらの方が効率よく福豆をゲットできるかもしれません。

上手くキャッチするためのアイテム

もし、少しでもキャッチできる確率を上げたいのであれば、ニット帽などの帽子を使うのがおすすめです。
帽子の頭を入れる部分を空に向かって掲げていれば、いつかは福豆が入ってくるはず。
人にぶつかってしまっても、帽子なら痛くないので安心です。

一方で、今回の節分会ではグローブを持参している人も何人かいたのですが、あまり良い手段ではありませんでした。
グローブの中に豆の袋が入ってきても、グローブを閉じない限り弾かれてしまうので、むしろ素手の方が取りやすいと思います。

実際、私の真後ろにいた人はグローブを装備していましたが、飛んできたお菓子が全てグローブに弾かれてしまい、1つもキャッチできていませんでした。

福豆の調理法

持ち帰った福豆はそのまま食べても美味しいのですが、一晩水につけておけば、様々な料理に使えるようになります。
水につける際、少量の塩を混ぜておくことで、殻が割れにくくなるのでおすすめです。

Clip!

記事をクリップすると、「クリップした記事」ページから簡単にアクセスできるようになります。

アクティビティ予約

-2. イベント・伝統行事に参加したい, 川越散策記
-,

こんな記事も読まれています

【喜多院 菊花展】小江戸 川越菊まつり 丹精込めて育てられた菊 約400点が勢揃い

喜多院の境内が色とりどりの菊で彩られる「小江戸 川越菊まつり」。 意外なことに、女性客よりも男性客の方が多かったです。

全部めぐれば無敵になれる!川越願いごとめぐり③

健康・富・学業・ご縁にご利益のある寺社をめぐる「川越願いごとめぐり」。最後は喜多院周辺の寺院をめぐります。

京都・浅草だけじゃない!小江戸川越 七福神めぐりに挑戦しよう(前編)

小江戸川越には、七福神をまつる寺院があります。川越の七福神めぐりの行程は6km程度(最短ルートの場合)。ゆっくり歩いても半日ほどで回りきれる範囲です。

花咲き乱れる赤い道と、蔵の街の裏遺産“弁天横町”

【注意】この記事には綺麗なお花は登場しません。

徳川家ゆかりの地 喜多院と、伝説の七不思議めぐり(前編)

「川越大師」として市民に親しまれている喜多院。喜多院と喜多院にまつわる七不思議の謎に迫ります。

おすすめ記事

1

川越観光の途中でぶらっと気軽に立ち寄れる、車不要で行けるカフェをご紹介します。 川越でうなぎや薩摩芋料理を食べるのも良いですが、おしゃれなカフェ空間でランチやおやつを楽しむのもおすすめですよ! また、 ...

2

ラーメン大好きな川越市民が選ぶ、駅周辺で食べられるおすすめのラーメン屋をご紹介します。 地元民だからこそ知っている情報も満載!

3

川越は徒歩で観光する人が多いためか、食べ歩き出来るお店がたくさんあります。 今回はその中でも、地元民の筆者お気に入りの食べ歩きフードをご紹介します!

4

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

Copyright© 川越 水先案内板 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.