川越市民が作る、小江戸川越の情報発信サイト

川越 水先案内板

全部めぐれば無敵になれる!川越願いごとめぐり③

投稿日:2016年5月22日 更新日:

健康・富・学業・ご縁にご利益のある寺社をめぐる「川越願いごとめぐり」。最後は喜多院周辺の寺院をめぐります。

マップとルート

スタート:川越駅

 寺社ご利益
1川越八幡宮足腰健康、合格祈願
2出世稲荷神社出世祈願、五穀豊穣
3火除稲荷神社火災除け
4熊野神社縁結び、財運、火防
5蓮馨寺子育て、安産
6雪塚稲荷神社商売繁盛
7薬師神社眼病平癒
8広済寺虫歯や呼吸器病に功
9氷川神社縁結び
10三芳野神社学業成就、合格祈願
11浮島神社安産
12成田山川越別院交通安全
13喜多院苦抜き
14仙波東照宮災難除け

ゴール:川越駅

第3回では、⑪浮島神社~⑭仙波東照宮まで参拝します。

①川越八幡宮~⑤蓮馨寺についてはこちら

全部めぐれば怖いもの無し!川越願いごとめぐり①

川越の寺社巡りといえば「七福神めぐり」が有名ですが、実は「願いごとめぐり」というプランもあるんです。健康・富・学業・ご縁にご利益のある寺社を全てめぐれば怖いもの無しかも!?

続きを見る

⑥雪塚稲荷神社~⑩三芳野神社についてはこちら

全部めぐれば無敵になれる!川越願いごとめぐり②

健康・富・学業・ご縁にご利益のある寺社をめぐる「川越願いごとめぐり」。今回は「眼病」や「虫歯」など、ちょっと変わったご利益のある寺社を参拝します。

続きを見る


⑪浮島神社

概要

P2252760
建立された年は不明ですが、古くから地元民に「うきしま様」と呼ばれ親しまれてきた神社です。
安産の神様として、麻を奉納する風習が伝えられています。

こちらの記事でも取り上げています。

徳川家ゆかりの地 喜多院と、伝説の七不思議めぐり(後編)

最後は「え、こんな所にもあったの?」と思ってしまう様な、喜多院関連スポットを見ていきます。

続きを見る

アクセス

三芳野神社→浮島神社へのルート

鳥居を抜けたら右へ
鳥居を抜けたら右に曲がってください。

川越市立川越第一小学校
真っ直ぐ進んでいくと丁字路に出ます。
正面は川越市立川越第一小学校です。
ここを左に曲がりましょう。

見えにくいですが、信号の左に道があります
右手に小学校を見ながら道なりに歩くと、また新たな丁字路が出てきます。
信号の所で左に曲がってください。

ちょっと変わった路地です
「人」の字の様な分かれ道に出ます。
ここは左に進みましょう。

案内板を左折すればOK
とにかく真っ直ぐ歩いていくと、右手側に道案内の看板が現れます。
浮島神社への道も書かれているので、この看板に従いましょう。

ご利益

安産

⑫成田山川越別院

概要

川越別院成田山本行院
正式名称「川越別院成田山本行院」。
千葉県成田市の大本山成田山新勝寺の別院にあたります。
真言宗密教の寺院です。

こちらの記事でも取り上げています。

アクセス

浮島神社→成田山川越別院へのルート

案内板
浮島神社を出たら、もと来た道を引き返しましょう。
案内板が立っているので、その指示に従って進めば大丈夫です。

地図上では複雑な道に見えますが、成田山の屋根が見えているので、一度行ったことのある人なら迷わないと思います。

ご利益

交通安全

P2252764
境内に駐車場があり、車と一緒にご祈祷を受けられます。
新車の購入直後に参拝する人が多いです。

⑬喜多院

概要


数々の神秘を残した慈恵大師を祀る喜多院。
「厄除けのお大師さま」と呼ばれ、信仰を集めています。

こちらの記事でも取り上げています。

徳川家ゆかりの地 喜多院と、伝説の七不思議めぐり(前編)

「川越大師」として市民に親しまれている喜多院。喜多院と喜多院にまつわる七不思議の謎に迫ります。

続きを見る


関東は川越江戸桜。川越・桜の名所めぐり

目次1 川越桜めぐり名所マップ2 喜多院3 仙波東照宮4 中院5 光西寺6 精進場橋7 弁天橋8 川越城本丸御殿9 三芳野神社10 初雁球場11 氷川神社と新河岸川の誉れ桜12 田谷堰(たやぜき)13 ...

続きを見る

アクセス

成田山川越別院→喜多院へのルート

成田山と喜多院は目と鼻の先にあります。

鳥居を抜けたら右に曲がってください。
この道を真っ直ぐ
この道を真っ直ぐ行けば喜多院の境内に出ます。
迷うことはまず無いでしょう。

苦抜き地蔵尊

願いごとめぐりで参拝するのはこちらのお地蔵様。
苦抜き地蔵尊
本殿の脇、絵馬が奉納されている辺りに立っている「苦抜き地蔵尊」です。
昭和32年(1957年)、お堂の改築を記念して奉納されました。

願をかけると、世の中の全ての苦しみを取り去り、楽しいことを授けてくださるそうです。

⑭仙波東照宮

概要

仙波東照宮
日光・久能山と並ぶ、日本三大東照宮の1つ。

徳川家康の没後、その遺骸を久能山から日光に移送する際、喜多院に4日間滞在し、家康の供養を行いました。
法要は当時の喜多院住職・天海僧正によって営まれ、寛永10年(1633年)に喜多院の境内に東照宮が創建されました。

明治2年の神仏分離令以降は、喜多院の管理を離れています。

こちらの記事でも取り上げています。

日光・久能山・仙波。日本三大東照宮の1つ、仙波東照宮とは

喜多院の境内にあるものの、ほとんど人気の無い仙波東照宮。でも、歴史的には結構貴重なスポットなんです。

続きを見る

アクセス

喜多院→仙波東照宮へのルート

喜多院の境内と仙波東照宮は繋がっていますが、初めて行く方にはかなり分かりにくいと思います。
喜多院を一度出て、仙波東照宮の正門から参拝した方が良いでしょう。

喜多院を山門から出たら、右に曲がってください。
とにかく真っ直ぐ進みます
住宅街を真っ直ぐ進むと
仙波東照宮
左手に仙波東照宮が見えてきます。

ご利益

災難除け

 


これで全願いごとめぐり完了です!

私は徒歩でまわりましたが、お昼ごはん(30分)含めて6時間ちょっとかかりました。
車でまわるのは難しいかもしれませんが、自転車を使えばもっと時間短縮出来ると思います。

Clip!

記事をクリップすると、「クリップした記事」ページから簡単にアクセスできるようになります。

-1. 川越の観光名所について知りたい, 川越散策記
-, , , ,

こんな記事も読まれています

徳川家ゆかりの地 喜多院と、伝説の七不思議めぐり(前編)

「川越大師」として市民に親しまれている喜多院。喜多院と喜多院にまつわる七不思議の謎に迫ります。

全部めぐれば怖いもの無し!川越願いごとめぐり①

川越の寺社巡りといえば「七福神めぐり」が有名ですが、実は「願いごとめぐり」というプランもあるんです。健康・富・学業・ご縁にご利益のある寺社を全てめぐれば怖いもの無しかも!?

京都・浅草だけじゃない!小江戸川越 七福神めぐりに挑戦しよう(前編)

小江戸川越には、七福神をまつる寺院があります。川越の七福神めぐりの行程は6km程度(最短ルートの場合)。ゆっくり歩いても半日ほどで回りきれる範囲です。

成田不動尊で掘り出し物探し!成田山川越別院本行院の骨董市、蚤の市

毎月28日に開かれる成田山の蚤の市。色鮮やかな羽織や帯、お洒落な海外アンティーク品など、様々な骨董・古民具が売られています。

花咲き乱れる赤い道と、蔵の街の裏遺産“弁天横町”

【注意】この記事には綺麗なお花は登場しません。

おすすめ記事

1

川越観光の途中でぶらっと気軽に立ち寄れる、車不要で行けるカフェをご紹介します。 川越でうなぎや薩摩芋料理を食べるのも良いですが、おしゃれなカフェ空間でランチやおやつを楽しむのもおすすめですよ! また、 ...

2

ラーメン大好きな川越市民が選ぶ、駅周辺で食べられるおすすめのラーメン屋をご紹介します。 地元民だからこそ知っている情報も満載!

3

川越は徒歩で観光する人が多いためか、食べ歩き出来るお店がたくさんあります。 今回はその中でも、地元民の筆者お気に入りの食べ歩きフードをご紹介します!

4

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

Copyright© 川越 水先案内板 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.