川越市民が作る、小江戸川越の情報発信サイト

川越 水先案内板

徳川家ゆかりの地 喜多院と、伝説の七不思議めぐり(前編)

投稿日:2016年1月28日 更新日:

「川越大師」として市民に親しまれている喜多院。喜多院と喜多院にまつわる七不思議の謎に迫ります。

川越に伝わる伝説の七不思議の謎

気の遠くなる程長い歴史を刻んできた喜多院。
そんな喜多院には、古くから語り継がれてきた七不思議があるんです。
七不思議スポットは境内にもありますし、境内からはちょっと離れた場所にも点在しています。

今回の散策では、喜多院の主要スポットと共に、七不思議にまつわるスポットも探訪します。

七不思議① 山内禁鈴

山内禁鈴
お寺や神社などでお参りをする時、よくガランガランと鈴を鳴らしたり、ゴーンと鐘を撞いたりしますよね。(本坪・本坪鈴と言います)
でも喜多院には「山内禁鈴」というルールがあり、あのガラガラやゴーンが出来ないんです。
鈴を鳴らそうにも鈴の中の舌(ぜつ)が抜かれているので音が出ませんし、鐘は縄でぐるぐる巻き状態。

それもこれも、大昔に喜多院にいた助平和尚さんのせいなのです。

山内禁鈴

昔々、喜多院に一人の美女が現れました。

美女は和尚さんにこんなお願いをしました。
「今日から100日間、お寺の鐘を撞かないと約束してください。その代わり、約束を果たしてくれたらこの鐘をもっと立派な音色にしてあげましょう」
その様子があまりにも熱心だったため、和尚さんはそのお願いを承諾します。

鐘を撞かなくなってから99日目。
今度は物静かで麗しい女性が喜多院を訪れました。
女性は和尚さんに言いました。
「今夜一夜だけでも構いません。どうか、寺の鐘をお撞きになって、私に音色を聞かせてください」

女性の気高い雰囲気に魅せられた和尚さんは申し出を断ることが出来ず、言われるがままに鐘を撞いてしまいます。

すると、和尚の目の前にいた女性はみるみるうちに大きな竜へと姿を変え、雲を呼び、風を起こし、和尚さんを天高く吹き飛ばしました
和尚さんは嵐の中で99回独楽の様に回された挙句、どうにか着地。

この事件が起きて以来、喜多院では鐘を撞くことが禁止されました。
それが転じて、今では「山内禁鈴」になっています。

正安二年の銅鐘のみ、年に一度だけ除夜の鐘として撞かれています。

絵馬所
慈恵堂の脇にある絵馬所です。
喜多院のご利益は、厄除け・厄払い・商売繁盛・学業成就・家内安全。
この日は1月だったためか、合格祈願の絵馬が多かったです。

七不思議② 三位稲荷

さて、喜多院には絶対に辿り着くことの出来ない御堂が存在します。
それは客殿の中庭、
中庭
写真中央の赤い橋のさらに向こう側にあるんです。
「三位(さんみ)稲荷」と呼ばれるその御堂は、境内の案内図には載っているものの、自然保護区の一部となっているため参拝することが出来ません。

次に紹介する七不思議は、この三位稲荷にまつわるお話です。

三位稲荷

昔々、喜多院には実海僧正というとても徳の高い住職がいました。
ある日、実海僧正はお経を読んでいるうちに、体が天高く舞い上がり、あっという間に群馬県の妙義山まで飛んでいってしまいました。

実海僧正の弟子で味噌すり坊主の三位は、お師匠様の件を聞いて大慌て。
「私も後を追いかけなくては!」と、近くにあったほうきを持って飛び上がります。
しかし三位の法力では十分に飛ぶことが出来ず、三位はお寺の庭に落ちて亡くなってしまいました。

師を慕って命を落とした三位。
実海僧正は彼をたいそう哀れに思い、三位の亡くなった場所に祠を建て、「三位稲荷」として祀りました。

以来、喜多院には、

  • すりこぎとすり鉢、ほうきは遠く離れた場所に置くこと
  • ほうきは逆さに置くこと(逆さぼうき)

という規則が設けられました。
これを破ると、必ず何らかの災いが起こると言われています。

喜多院の外側
喜多院の外側から撮影。
このフェンスの向こうに三位稲荷があるはずなんですけどねー。

 

次回は五百羅漢と、喜多院周辺の関連スポットを巡ります。

  • この記事を書いた人

富築(水先)

埼玉県と美味しいもの・可愛いものが大好きなwebライター。川越在住。
蔵の町周辺をよくぶらついています。
そうだ埼玉.com公式ライター:記事一覧
掲載記事についてのコメント・仕事依頼・広告掲載依頼等、各種お問い合わせはこちらからお願いします。

おすすめ記事

1

川越観光の途中でぶらっと気軽に立ち寄れる、車不要で行けるカフェをご紹介します。 川越でうなぎや薩摩芋料理を食べるのも良いですが、おしゃれなカフェ空間でランチやおやつを楽しむのもおすすめですよ! また、 ...

2

ラーメン大好きな川越市民が選ぶ、駅周辺で食べられるおすすめのラーメン屋をご紹介します。 地元民だからこそ知っている情報も満載!

3

川越は徒歩で観光する人が多いためか、食べ歩き出来るお店がたくさんあります。 今回はその中でも、地元民の筆者お気に入りの食べ歩きフードをご紹介します!

4

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

-1. 川越の観光名所について知りたい, 川越散策記
-,

Copyright© 川越 水先案内板 , 2018 All Rights Reserved.