川越市民が作る、小江戸川越の情報発信サイト

川越 水先案内板

夫婦銀杏・相撲稲荷・縁結び。商店街裏のパワースポット川越八幡宮

投稿日:

川越で縁結びといえば川越氷川神社が有名ですが、実はクレアモール商店街の路地裏にある川越八幡宮も、縁結びのパワースポットとして人気を集めているんです。

川越八幡宮とは

歴史

長元3年(1030年)、源頼信によって建てられた神社です。

長禄元年(1457年)、太田道灌が川越城を築城した際、川越八幡宮の分霊を城の守護神としてお祀りしました。
以来、同神社は川越の歴代城主から大変篤く尊び崇められていたそうです。

御祭神は、第十五代天皇の応神天皇。

川越市内に約200社ある神社の中で、唯一「川越」というワードが入っている由緒あるお宮です。

御利益

境内に植樹されている「夫婦銀杏の木」は、良縁・夫婦円満に御利益があるといわれています。
また、夫婦銀杏の裏側には、安産・子宝にご神徳のある「安産・子宝の乳」があります。

さらに、境内にある民部稲荷神社(相撲稲荷)は、足腰を強くする御利益があることから、スポーツ選手などに人気です。
16年には桐生祥秀選手が奉納を、17年9月にはカネボウの陸上部監督、高岡寿成氏が参拝しています。


車の交通安全を祈願する、車祈願もOK。

アクセス

  • JR・東武東上線「川越駅」東口 徒歩6分
  • 西武新宿線「本川越駅」東口 徒歩7分


駐車場あり(境内)

雰囲気抜群!朱塗りの灯篭が並ぶ参道


賑やかな表通りとは一転、閑静な住宅街の中に佇む川越八幡宮。


鳥居の手前には足跡が。
これは足腰に御利益のある民部稲荷神社に由来するものです。


川越八幡宮の参道は、2006年に「川越市都市景観 ポイント賞」(2006年)に選ばれました。

参道の途中で入り口の方を振り返ると↓こんな感じ。


ここは1年中きれいな場所ですが、あじさいの咲く6月~7月が一番華やかです。

恋が叶う?銀杏の縁結び


参道を抜けて真っ先に目に飛び込んでくるのが、境内にそびえ立つ2本の銀杏の木です。
これは夫婦銀杏(縁結び銀杏)と呼ばれるもので、川越八幡宮の御神木のひとつ。

明仁天皇がお生まれになった昭和8年に、同神社の崇敬者によって植樹されました。
当時は男銀杏と女銀杏の2本を植えたそうですが、いつしかお互いに寄り添い合い、1本の木になってしまったのだとか。


この御神木に触れてお守りを身に付け、拍手を2度打てば、夫婦円満・良縁に巡り逢うといわれています。


お守りは社務所でゲットしましょう。


木の根元には恋占いができるお賽銭箱も。
若い女の子たちに人気です。
ただし、大音量で音楽と音声が流れるので、それは覚悟しましょう…。


同じく銀杏の木の下にある「招霊(おがたま)の木」。
あまりの馴染みのない名前ですが、1円硬貨に施されている木の模様は、この招霊の木であるといわれています。
かつては神前に供える木として用いられていたそうです。

縁結びの銀杏から新しい命が!?安産・子宝に御利益


夫婦銀杏の裏側(本殿側)には「安産・子宝の乳」と呼ばれる出っ張りがあります。
これは男銀杏と女銀杏から新しく生まれた命(乳)。
両手で触れて、手を合わせて念じれば、安産・子宝のご神徳があるといわれています。

厄年、災難の多い方は本殿へ


地元民がよく参拝している本殿。


お賽銭箱の横には、災厄避けのちょっと変わったお守りと木箱があります。


この板を「厄・災・病」に見立て、それを自ら割って片方をお守りとして身に付けることで、心身共に健やかな生活を送れるようになるそうです。
残りの片割れは、裏面に名前を書いて木箱の中へ。
初穂料500円も、同じく木箱に納めましょう。


本殿左手側にある厄除桃(御神木)。
古来より、桃は厄災除けの果実といわれています。
まだまだ若い木ですが、10年後には立派な御神木になっていることでしょう。


絵馬所。境内に何か所かあります。
桃の絵の描かれた絵馬が人気のようです。


合格祈願や足の怪我の回復祈願、もちろん良縁祈願など、願い事は多岐にわたります。

タラヨウの葉に想いをしたためて


少し前までは知る人ぞ知るスポットだったんですが、マスコミで取り上げられて以来、すっかりメジャーに。


これはタラヨウ(多羅葉)という木で、別名「葉書の木」とも呼ばれています。
葉の裏側を尖ったもので傷つけると文字を書くことができ、その字は永久に消えることがないそうです。
そのため、かつては恋文や約束事、抱負などを書いて大切に保管していたと伝えられています。


葉の裏には思い思いの願いが。

タラヨウの木は天然記念物です。
むやみに葉を取ったりしないよう注意しましょう!

スポーツ選手に人気!民部稲荷神社(相撲稲荷)


足腰健康の神様が祀られている民部(みんぶ)稲荷神社。
スポーツ必勝の神社として有名です。

民部稲荷の昔話

昔々、八王子の近くの丘に、相撲が得意な老狐が住んでいました。
狐は人間に化けて「民部」と名乗っており、近所の寺の小僧さんを自宅に招いては夜遅くまでお話をしていたそうです。

しかし、あまりにも小僧さんが頻繁にお寺を抜け出すため、和尚さんは不審に思い始めました。
そこで、「お世話になっているお礼がしたいから、お前がお世話になっている方を寺に招待しなさい」と小僧さんに伝えます。

民部はお供を引き連れてお寺へやって来ました。
そして、相撲が得意な民部は、小僧さんたちと一緒に相撲勝負を楽しみます。

その翌日、和尚さんはお寺の庭に狐の毛が散らばっているのを見つけ、民部の正体に気が付きました。
しかし、民部が悪い物の怪ではないことを知った和尚さんは、「とりあえず昨日のお礼をしに行こう」と民部の元へ。

ところが、民部は悲しそうにこう告げました。
「昨日はありがとうございました。故あって、川越の梵心山に移ることになりました。友達になった印に、私たちに古くから伝わる打ち身の手当ての術をお教えします」

このことから、民部稲荷神社は「相撲稲荷」、「足腰の健康にご利益がある」といわれるようになったのです。

梵心山の稲荷神社


かつては梵心山に民部稲荷神社があったそうですが、やがて荒廃してしまい、川越八幡宮の境内に移されました。
その後、梵心町(現在の新富町2丁目)に民部稲荷が再建され、現在は丸広百貨店の屋上に鎮座しています。

丸広百貨店の場所

丸広百貨店は川越八幡宮から徒歩3~4分ほどの場所にあります。
時間がある方は、ぜひ立ち寄ってみてください。
眺めも良いですよ!

愚痴を聞いてくれる聖徳太子


聖徳太子の姿をした「ぐち聞きさま」。
本殿の脇、参道側の最奥にいらっしゃいます。

「一度に十人もの訴えを聞き分けた」といわれる聖徳太子。
人には言えないことや、心の中のモヤモヤなどを思い切って打ち明けてみましょう。
その後、お守りを身に付ければ、きっと心穏やかに過ごせるはず。

摂社・末社は三峯神社・菅原神社・稲荷神社

本殿の脇には、夫婦円満・火防盗難除・除災招福の三峯神社と、学業成就・受験合格の守り神として人気の菅原神社があります。


三峯神社。
全国的な人気を誇る秩父の神社で、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)を祀っています。


学生に人気の菅原神社。
高い学識と教養、徳望を持った平安時代の学者、管原道真公を祀る神社です。


倉御魂神(うけのみたまのかみ) を祀る稲荷神社。
衣食住の全てを守ってくれるといわれている、お稲荷様の神社です。


それぞれお賽銭用の小さなポールが立っています。

神前結婚式では人力車での送迎も!


(出典:川越プリンスホテル神前挙式 ~結 むすび~

川越八幡宮では、近隣のホテルなどと提携した神前結婚式プランを提供しています。
上の写真は川越プリンスホテルのプラン。
新郎・新婦が人力車に乗り、街の人々から祝福を受けながら八幡宮⇔ホテル間を移動します。
披露宴会場への入場も人力車で!

>> 「川越プリンスホテル神前挙式 ~結 むすび~プラン」をもっと見る

市内の学生が描いたジャンボ絵馬にも注目!

境内の内外にある、市内の中学・高校の美術部の子たちが描いたジャンボ絵馬も見どころのひとつです。


境内の外、駐車場側にあるジャンボ絵馬。
毎年、夏頃から制作を開始して12月に取り付け工事を行っています。

平成29年のメインは鳩。
酉年といえば鶏が一般的ですが、八幡様のご神鳥である鳩が描かれています。


境内にある大絵馬。
こちらも毎年描き変わります。

 

縁結びだけでなく、安産・子宝、足腰の健康にも御利益がある川越八幡宮神社。
繁華街のすぐ裏手にあり、アクセスも良いので、川越を観光する際はぜひ立ち寄ってみてください!

Clip!

記事をクリップすると、「クリップした記事」ページから簡単にアクセスできるようになります。

-1. 川越の観光名所について知りたい, 川越散策記
-

こんな記事も読まれています

川越観光 おすすめ名所巡り ~身近な穴場!クレアモールの裏通り~

県下一の距離を誇る商店街、クレアモール。つい賑やかな表通りの方に目がいきがちですが、1本路地に入った通りにも色々な発見があるんです。

全部めぐれば怖いもの無し!川越願いごとめぐり①

川越の寺社巡りといえば「七福神めぐり」が有名ですが、実は「願いごとめぐり」というプランもあるんです。健康・富・学業・ご縁にご利益のある寺社を全てめぐれば怖いもの無しかも!?

川越、秋の風景。観光スポットの紅葉を集めました

埼玉で紅葉といえば秩父や長瀞が有名ですが、川越市内でも趣のある秋の風景を楽しむことができます。今回は観光エリア内で見られる、秋らしい写真を集めました。いずれも17年の11月中旬~下旬にかけて撮影してい ...

おすすめ記事

1

川越観光の途中でぶらっと気軽に立ち寄れる、車不要で行けるカフェをご紹介します。 川越でうなぎや薩摩芋料理を食べるのも良いですが、おしゃれなカフェ空間でランチやおやつを楽しむのもおすすめですよ! また、 ...

2

ラーメン大好きな川越市民が選ぶ、駅周辺で食べられるおすすめのラーメン屋をご紹介します。 地元民だからこそ知っている情報も満載!

3

川越は徒歩で観光する人が多いためか、食べ歩き出来るお店がたくさんあります。 今回はその中でも、地元民の筆者お気に入りの食べ歩きフードをご紹介します!

4

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

Copyright© 川越 水先案内板 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.