川越市民が作る、小江戸川越の情報発信サイト

川越 水先案内板

越生梅林は今が見ごろ!梅まつりの様子や開花状況、見どころ、アクセスを徹底解説します!

投稿日:2017年3月1日 更新日:

そうだ埼玉.comに越生梅林の現地レポートを掲載しました。
川越観光といっしょに越生梅林で観梅はいかがですか?

越生梅林や越生の面白スポットについて知りたい方へ

越生梅林梅まつり2017の開花状況やアクセスを現地レポート!
http://soudasaitama.com/sightseeing/19931.html

現地の開花状況や穴場スポット、見どころ、アクセス、おすすめのお土産まで、たくさんの写真のともに詳しくご紹介しています!

また、併せてこちら↓の記事も公開しました。

どれに入れるか迷っちゃう!越生町にある大量の郵便ポストの謎【そうだ埼玉珍百景】
http://soudasaitama.com/sightseeing/19975.html

ポストの山

3月5日は、都内からでも梅林へアクセスしやすくなります!

東武鉄道では、2017年3月5日(日)に限り、東武東上線「池袋駅」から越生線「越生駅」に直通する臨時列車「越生観梅号」を運転することを発表しました。

これは「越生梅林梅まつり」の開催に合わせて企画されたもので、東上線「坂戸駅」で越生線に乗り換えることなく、電車1本で越生駅までアクセスすることが出来る列車です。

池袋駅を9時15分発 → 坂戸駅 9時58分着、10時12分発 → 越生駅 10時30分着。

乗車の条件

池袋駅~坂戸駅間

当日、池袋駅にて、池袋駅~越生駅までの往復割引運賃とお買い物券などを含む「おごせ散策きっぷ」と、「越生観梅号」着席整理券などのセット券(160セット限定)を購入した人だけが乗車可能です。

なお、販売数を超えた場合は抽選となります。

発売開始時間は7時から、場所は池袋駅南口改札外です。
金額は大人2500円、小児1500円(いずれも税込)。

坂戸駅~越生駅間

誰でも乗車出来ます。

おまけ:越生観梅号とは?

1996年~2003年まで、越生梅林梅まつりの開催期間に合わせて、池袋駅~越生駅間を直通で運転していた臨時列車です。
2004年以降は運転していませんでしたが、今回は14年ぶり、1日限りの復活運転となるほか、3月5日~3月20日までヘッドマークが掲出されます。

Clip!

記事をクリップすると、「クリップした記事」ページから簡単にアクセスできるようになります。

-98. その他単発記事, その他
-

こんな記事も読まれています

【お知らせ】「そうだ埼玉.com」に埼玉からすぐ行ける優良ビーチの記事を掲載しました

県内に自前の海を作ってしまう程、海に対する並々ならぬ憧れを抱いている埼玉県民。 そんな埼玉人たちが、日帰りで遊びに行ける優良ビーチを4つご紹介しています。 ただ近いだけではなく、綺麗で安心・安全に遊べ ...

【お知らせ】「そうだ埼玉.com」に若者向け川越デートスポット4選の記事を掲載しました

街中をぶらぶら散策していると、観光中の若いカップルとよくすれ違います。 良いですよね、観光デート。 私も夫とよくした・・・かな? まぁ、それは置いておくとして。 今や全国的にも有名な観光エリアとなりつ ...

【お知らせ】「そうだ埼玉.com」に埼玉vs千葉の記事を掲載しました

最近、毎月1回はテレビで川越特集を見ている様な気がします。 そんな注目度抜群の川越市。 川越市民の方の中にも、「ぶっちゃけ埼玉って千葉より上だよね」と思っている人は多いはず。 確かに埼玉には海がありま ...

【お知らせ】「そうだ埼玉.com」にさいたまパズルの記事を掲載しました

市区町村数では日本No.1の県、埼玉県(2016年時点)。 それが一体何の得になるのかは分かりませんが、そんな埼玉の特性を活かしたネットゲームをご紹介します。 その名も「さいたまパズル」。 記事を読ん ...

そうだ埼玉.comに海外から見た“Saitama”像の記事を掲載しました。

中途半端に田舎・中途半端に都会な埼玉県。 そんな埼玉県が海外では一体どの様に扱われているのか、海外サイトで繰り広げられている“Saitama”トークをまとめてみました。 海外でも「ださいたま」扱い!? ...

おすすめ記事

1

川越観光の途中でぶらっと気軽に立ち寄れる、車不要で行けるカフェをご紹介します。 川越でうなぎや薩摩芋料理を食べるのも良いですが、おしゃれなカフェ空間でランチやおやつを楽しむのもおすすめですよ! また、 ...

2

ラーメン大好きな川越市民が選ぶ、駅周辺で食べられるおすすめのラーメン屋をご紹介します。 地元民だからこそ知っている情報も満載!

3

川越は徒歩で観光する人が多いためか、食べ歩き出来るお店がたくさんあります。 今回はその中でも、地元民の筆者お気に入りの食べ歩きフードをご紹介します!

4

1925年(大正14年)に建てられた「旧山崎家別邸」。和洋折衷デザインが今見ると新しい&可愛い、若い人たちにもお勧めの観光スポットです。

Copyright© 川越 水先案内板 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.